北海道から上京してタクシードライバーに。研修中に父の訃報が届いたとき、国際自動車の教官がとった驚きの対応とは。

HOME > 社員の声 > 北海道から上京してタクシードライバーに。研修中に父の訃報が届いたとき、国際自動車の教官がとった驚きの対応とは。

Drivers 最新記事
北海道から上京してドライバーに。しかし、直後の研修中に父の訃報が届く。そのとき、kmの教官がとった対応とは。

北海道から上京してタクシードライバーに。研修中に父の訃報が届いたとき、国際自動車の教官がとった驚きの対応とは。

2013.08.16 Fri

カテゴリー : ◎タクシードライバー(キャリア入社)


PROFILE.
畠山雅博、札幌出身。2011年2月国際自動車に入社。タクシードライバー歴2年目。入社を機に上京したため、はじめは都内の道がわからず不安も多かったが、2年目の今は知識や経験も増え、自分なりに頭を使いながら乗務できている。趣味はドライブ。今一番行きたいところは、三大滝のひとつ、袋田の滝。
北海道から上京してドライバーに。しかし、直後の研修中に父の訃報が届く。そのとき、kmの教官がとった対応とは。

はじめまして!本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。(畠山さん)

畠山さん、さっそくですが、国際自動車に入社した当時のことを伺ってもいいですか。

私は、震災の直前、2011年の2月に入社しました。それまで札幌に住んでいましたので、転職するために東京に出てきてタクシー会社を数社受けたんです。

その中でも、国際自動車を選ばれた決め手は何だったんですか。

「入社の決め手」を聞かれると、いつも話すエピソードがあって。それは、面接の話なんですが、国際自動車の面接で他の数社とはまったく違うおもてなしを受けたんです。

ある企業は、私が面接時間どおりに会場へ行っても、面接官の方が遅刻してきたり、こちらが待っていても、お構いなしといったかんじで、とても印象の悪い面接でした。札幌から上京して、緊張でいっぱいだったので、不安が煽られてしまいました。

でも、国際自動車の面接に行ってみると、面接官の方の対応が丁寧で、私が面接に来たことを歓迎してくれているのが、とてもよく伝わってきたんです。自分が札幌から面接のために上京していることなど、身の上話も親身になって聞いてもらえました。

そうだったんですね。

それで、一通り面接を終えて、札幌に帰るために空港で出発を待っていると、一本の電話がかかってきました。電話の相手は、国際自動車の面接官の方でした。『畠山さん、今日の18時の便で帰るって言われてたでしょ。北海道に帰る前に、いい知らせをしたいと思って。合格ですよ。気をつけてお帰りになってくださいね。』と。

感動ですね。フライトの時間を覚えていてくれて、わざわざその前に電話してくれるなんて。

はい。それで、国際自動車に決めたんです。

北海道から上京してドライバーに。しかし、直後の研修中に父の訃報が届く。そのとき、kmの教官がとった対応とは。

なるほど。実際に入ってみて、国際自動車はどうでしたか。

入社後に、今でも感謝してもしきれない出来事があったんです。ドライバーは実際に乗務するまえに、研修期間があるんですが、研修中に突然、札幌から父の不幸を知らせる電話がありました。

すると、教官が『研修はいいから、今すぐ札幌に帰ってあげなさい。』と言ってくださって、研修場の府中から、一度荷物一式が置いてある北赤羽に立ち寄って、羽田に向かうことになりました。電車で北赤羽に向かう途中、携帯が鳴って見てみると、国際自動車の方からの連絡で『荷物は取りにいってあげるから、赤羽で降りなさい。空港まで送っていく。』とのことでした。

ありがたいことに、空港まで車で送ってもらい、無事短時間で札幌に帰ることができたんです。父の死で、気は落ちていましたが、社員の方々の心遣いに本当に助けられました。

最後に、畠山さんが入社されて1年半ほど経ちますが、今、転職を考えられている方に、何かメッセージはありますか。

私もはじめは、転職や東京での生活に色んな不安がありましたが、国際自動車にさまざまお世話になって、今は適度に気持ちの余裕を持って働くことができています。迷われている方は不安があっても構わないので、一度話を聞きに来られるといいんじゃないでしょうか。

今度は、私が国際自動車のために役立ちたいと思っていますので、私の話が少しでも、皆さんのお役に立てたらと嬉しいです。

カテゴリー : ◎タクシードライバー(キャリア入社)