❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【営業所の人間関係編】

HOME > 社員の声 > ❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【営業所の人間関係編】

Drivers 最新記事

❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【営業所の人間関係編】

2015.12.15 Tue

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)


PROFILE.
(写真左1)藤田有美(フジタ・ユミ)。三鷹営業所1課2班。24歳。ニックネームは「ゆーみん」。文学部英文学科卒で、大学時代は熱気球のサークルに所属。
PROFILE.
(写真右1)召田春花(メスダ・ハルカ)。三鷹営業所1課1班。22歳。ニックネームは「はるちゃん」。コミュニケーション学部卒で趣味はサッカー観戦。
PROFILE.
(写真左2)松本真央(マツモト・マオ)。三鷹営業所2課3班。23歳。ニックネームは「まお」。ショッピングと散歩が好き。
PROFILE.
(写真右2)齋藤思乃(サイトウ・シノ)。三鷹営業所2課3班。23歳。ニックネームは「しのし」。音楽が好きでカラオケに行くことが趣味。

「三鷹営業所大好き!!!」今回インタビューした女性タクシードライバー4名が口を揃えて絶賛するのが三鷹営業所のアットホーム感。新人を家族のように迎え入れてくれるのは、業界全体の平均年齢が高く、若い人材を大切にしたいという会社全体の想いから来ているのかもしれません。経験豊富で頼りがいのある先輩ドライバーたちとどのような関係を築いているのか、営業所での人間関係について伺ってきました。(取材日:2015年11月19日)

営業所の人間関係 〜新卒女子×男性の先輩〜

タクシー業界は年配の男性が多いというイメージがありますが、営業所に馴染んでいくのは大変でしたか?

(藤田)営業所に配属されたばかりの頃は、やっぱり不安でした。父親よりも年上で、今まで接したことがない年代の方々だったので戸惑いはありましたね。

(召田)私も少し心配していました。自分から積極的に話しかけるタイプではないので、同期以外の人と喋れるのかなって…。

どうやって仲良くなっていったのでしょうか?

(召田)先輩の方からタイミングを見つけて話しかけてきてくれたんです。毎日提出する日報を見て、「ここどうだった?道混んでたかな?」と気遣ってくれました。業務についてのお話なので答えやすいですし、そこから会話が広がっていきました。

(藤田) 確かに日報は会話の良いきっかけになります。私は帰庫してから日報を持って自分から話しかけるようにしていました。先輩の日報も見せていただけるので勉強になります。頑張ってきた時には「ここ、いいじゃん!」と褒めてもらえますし、「こっちの道を回るともっと良くなるから試してみて」とアドバイスもいただけます。ベテランの先輩はテクニックや抜け道をよく知っているので、この人はナビよりも正確なんじゃないかな…って尊敬することが多々あります。

(松本)私の場合も、2人が言うように、先輩たちが優しかったので、特に問題は無かったですね。「相談とか、嫌なことがあれば遠慮なくぶちまけていいよ!」と言ってくださいますし、「自分の娘と歳が同じだからね〜」と親身になって話を聞いてくれます。

(齋藤)共感が欲しい時は同期に相談しますが、アドバイスはやはり実践経験が豊富な先輩にいただくのが一番だと思います。私の場合は困ったら鈴木班長(『配属後3ヶ月で売り上げはトップクラス!kmの凄腕タクシードライバーが教える売り上げアップの秘訣』)や細井班長に相談します。先輩も含めたグループラインの中で相談することも多いです。

写真右が細井班長。細井班長の記事『楽しく働けているのは先輩達のおかげ。そんな環境を今度は僕がつくっていきたい。』も併せてどうぞ

(齋藤)以前、「14時になると空車時間が多くなってしまうのですが、どこを回ったらいいでしょうか?」とメッセージを送ったことがありました。すると「勇気を出して伊勢丹につけてごらん!」「自分の場合は麻布とか六本木のどこどこを中心に営業しているよ」など様々な意見を頂けたので助かりました。「こんなに丁寧に教えてもらって、私って甘えすぎなんじゃないかな?」と心配になるくらい、相談しやすい雰囲気です。

細井班長の説明を聞いている時の4名の表情!素敵です

(藤田) 先輩たちは本当に気を使ってくれているなというのを感じます。頻繁に飲み会にも誘ってくださいます。自分が50代の先輩と楽しく飲んでいるという状況にはけっこう驚いています(笑)。

(松本)同期の中には、50代の先輩3人と新卒1人で飲みに行くという人もいたりしますよ。4、5人で飲むときもあれば30人くらいの大規模な飲み会もあって、仕事の話が中心になるので面白いです。

(藤田) そういえば、これはこの前の飲み会の写真です。

(藤田)先輩が企画してくださった飲み会だったのですが、ちょうどハロウィンの時期だったので女の子たちで仮装して参加したんですよ〜。

(松本)盛り上がって面白かったです。

営業所の人間関係 〜新卒女子×女性の先輩〜

では、女性の先輩に関してはいかがでしょうか?

(齋藤)体調面とか感覚的なことに気づいてくれます。「今日風邪気味?大丈夫?」など些細な変化でも感じとって声をかけてくれますね。女性ならではかもしれませんが、話を最後まで聞いた上でアドバイスをくれる方も多いかもしれません。心配事や問題を掘り下げて丁寧に聞いてもらえている気がします。

(松本)三鷹営業所には国際自動車初の女性班長の御子柴班長がいらっしゃったり、松沢先輩といった年齢が近い先輩がいるので心強いです。夜間の乗務を始めるときに、かなはさんに添乗してもらいました。この時間帯はここ回ったほうがいいよとか、何かあった時のためにカメラをつけるの忘れないでねと教えてもらいました。

御子柴班長(写真左)の記事『反対する夫を押し切り、2年だけと始めたタクシードライバー。あっという間に6年が経ち、国際自動車初の女性班長に。』
松沢先輩(写真右)の記事『「女性の私にしか出来ない事がここにはある」女子大生が他社の内定を断ってまでタクシードライバーを選んだ理由。』も併せてどうぞ

(藤田)女性の先輩は、男性の先輩よりもさらにお手本という感覚が強いかもしれません。御子柴班長もとても頼りになる方です。私が事故を起こしてしまった時に映像を見て、原因を一緒に考えてくれました。「今後同じことを起こさないようにしっかり原因を見極めて対策を考えよう」と、落ち込んでいる私を励ましてくれたことを覚えています。

(召田)これは男性、女性に限らず、先輩方に共通して言えることですが、本当に優しいです。私も事故を起こしてしまったことがあるのですが、課長が「事故のせいで自分を責めたり、営業所にとって自分は不必要だと思ったらだめだよ。新人は間違うのが当たり前だし、困ったことがあったら言ってくれていいんだからね」と声をかけてくれたんです。同期も励ましてくれて、本当に良い環境だと思いました。

やっぱり同性の先輩が近くにいるというのは安心できますもんね!

営業所の人間関係
「アットホームを通りこして、もはや家族なんじゃないかな?」

では、最後に三鷹営業所は皆さんにとってどんな営業所なのでしょうか?

(齋藤)最近、先輩に誘ってもらって音楽同好会に入ったんです。バーの空きスペースでセッションライブをやるために練習を頑張っているのですが、先輩がベテランドライバーたちのLINEのグループに追加してくれて「分からないことは何でも聞いてね」と言ってくれました。こういった仕事外のことでもお付き合いしていけるのは本当に有難いなって思います。

(藤田)三鷹営業所って、本当に素敵な場所なんですよ。言葉だけだと中々伝えるのは難しいんですけど…。

(松本)アットホームです。おじいちゃん世代の人が話しかけてくれたり「まおちゃん、まおちゃん」って呼んでくれたり。

(齋藤)今井班長という方のニックネームは「とうちゃん」ですし、あるベテラン女性ドライバーは「三鷹のお母さん」と言われています。私たちは「娘と同い歳だから」といって大事にしていただいているので、三鷹営業所はアットホームを通り越して家族なんじゃないかなと思います。

(召田)職場をそんな風に思えるなんて入社前は思ってもいませんでした。自慢の営業所なので、どんな年代でも一緒に働く仲間が増えていったら嬉しいです。

素敵な関係ですね!みなさん、これからも頑張ってください!ありがとうございました。

❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【同期編】と❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【研修編】も併せてどうぞ

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)