kmタクシードライバーの仕事

HOME > 社員の声 > 現場に出て、痛感している現実とのギャップ。まずはお客さまに感動を与えられるタクシードライバーになって、将来はその経験を伝えていく立場になりたい。

Drivers 最新記事

現場に出て、痛感している現実とのギャップ。まずはお客さまに感動を与えられるタクシードライバーになって、将来はその経験を伝えていく立場になりたい。

2014.09.14 Sun

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)


PROFILE.
野田友郁。23歳。2014年4月新卒入社。台東営業所所属。休日はドライブをして楽しまれている。

社員さんがイキイキと業界変革について話す姿に惹かれ、自分もその変化に立ち会いたいと思いました。

実は、タクシードライバーになりたくてkmに入ったわけじゃないんです。
合同説明会で「ちょっと聞いていきなよ」と声をかけられたのがきっかけでした。「IT」とか「商社」という看板を見ていた中、「陸運」であるkmにあまり興味を持てず、話だけ聞いて会場を後にしました。ですが、人財採用課の青木さんのイキイキと仕事について話す姿がとても印象的で、忘れられなかったんです。それで、再度会場に戻り、説明会への参加票を記入しました。
タクシードライバーという仕事に対して、第二の職じゃないですけど、単純な仕事というイメージがありました。就職活動中は、やりがいや面白さに重きを置いて活動していたのであまり興味を持てなかったんです。ですが、説明会に参加して「業界変革」の話にワクワクしました。「面白い会社を探すんじゃなくて、ここで働くと覚悟を決めた会社で面白く仕事をしていく方が良い」という言葉に共感し、業界変革という変化に自分も立ち会いたいと思い、入社を決めました。

同期と、業界変革やkmの夢を語り合うのが好き。

仕事は楽しいです。みなさんとても優しくて、「なかなか上手くいかなくて・・・」と先輩に相談すると、「どこ回ってきたの?」といって、アドバイスをしてくれるんです。
同期とも仲が良いんですよ。休憩する時間や場所を合わせたりするのですが、そこで「今日の売り上げどう?」「うわ負けた~!」なんて会話をしています(笑)。あとは、目標や夢を語り合うのが好きですね。先日、野心のある同期と業界変革やkmについて語り合って、現状や課題、目標などをノートにまとめました。それくらい、業界を本気で変えていきたいと思っているんです。

現場に出て痛感している現実とのギャップ。それでも業界変革に対する想いは変わらない。

「業界変革するぞ!」という想いは持っているものの、実際は思うようにいかない事も沢山あります。そもそも、何を持って業界変革とするのか。僕は、タクシードライバーが「小学生が将来やりたい職業ランキング1位」になったら、業界は変わったと実感できると思っています。その為には、まず僕自身が楽しく仕事をしないとダメだと思うんです。
正直、本社と営業所の連携に関してもっと工夫や改善が必要だと感じる事もあります。ただ、実績を伴わないと発言に対するひけめを感じるんですよね。想いは班長も分かってくれているので、発言力のある人間になるためにも実績は出していきたいと思っています。
また、目的ではないですが、「タクシードライバーってこんなにすごいんだよ」「タクシードライバーってこんなに稼げるんだよ」という世の中的に価値がある事実を伝えたいので、売上や社会的地位を上げていきたいと思っています。
僕は、現場だけ大きくしても、モチベーションとか内面的なものが向上しないと実現できないと思っています。そのためにも、そういうリアルを伝えた上で、これから入社してくる後輩たちに「それでも俺たちはこうしていきたいと思っている。ついてきてくれるか?」と言えたらかっこいいなと思うんですよね。そういう覚悟をもって入社してきてくれれば、多少つらいことがあっても助けてあげられるし支え合っていけると思う。目指すところは「働きやすい職場」です。

まだ配属されて3か月の僕が、具体的に行動できることは限られていますが、まずはkmのドライバーとして成長していきたいと思っています。地理に対する不安もまだありますし、タクシードライバーはお客さまの命を預かる仕事です。無理をしない生活リズムを管理したり、体が慣れるように体力づくりもしていかなければいけません。
もっと、お客さまからの期待に応えたいなと思っています。まずは、ドライバーとして基本的なスキルを身に付けて、お客さまの期待値を超えて感動を与えられるようなドライバーになっていきたいですね。

まずはお客さまに感動を与えられるドライバーになって、その経験を伝えていきたい。

将来的には、ドライバーの経験を活かして採用や研修という立場で業界を変えていく一員になりたいと思っています。内定を頂いてから、入社するまで採用の仕事を手伝わせていただいていたんですが、少なからず影響を受けている同期がいたのが嬉しかったんです。例えば、一回の説明会に3、40人きてくれるとします。それが一日に3回あったら、その日だけで100人以上の学生と接することが出来て、意見を聞けて、こちらの考えを伝えることができる。そしてそれが、その人の今後を決める上で、何かしらの影響を与えているんだとしたら、それってすごい事だと思うんです。自分の存在意義を感じるというか。
そうやって、同じマインドの人を集めたり、一緒に業界を変えていこう!と伝えていきたいです。刺激を与えられる存在でありたいし、学生から刺激を受け続けたいですね。
そのためにも、仕事の経験を伝えられるようになったらいいなと思います。まずは、そのためにも、お客さまに感動を与えられるドライバーになれるよう、頑張っていきます!

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)