kmタクシードライバーの仕事

HOME > 社員の声 > 楽しく働けているのは先輩達のおかげ。そんな環境を今度は僕がつくっていきたい。

Drivers 最新記事
i_hosoi

楽しく働けているのは先輩達のおかげ。そんな環境を今度は僕がつくっていきたい。

2014.11.20 Thu

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)


PROFILE.
細井将貴。26歳。2011年4月入社。三鷹営業所に所属し、現在は1課2班の班長を務めている。休日は、友人とキャンプに行ったり、仕事関係や友人関係など、様々な人と飲みにいって楽しんでいるそう。

学生の頃からドライブと地図が大好きで、「これはもうタクシードライバーだな」と。

学生時代は、ドライブと地図が大好きでした。
大学まで車で行って、授業が終わったら都内をドライブしていたんです。それで、自宅に帰ったら地図を広げて「今日はここを走ったんだ」って確認して楽しんでいました。
アッシーじゃないですけど、友達を迎えに行くのも全然苦痛じゃありませんでしたね(笑)。都内の駅に迎えに行くっていうワクワク感の方が強かったです。
なので、就職活動の際も「これはもうタクシードライバーだな」って思ってました。
ドライブと地図が好きでしたし、人と話すのも好きだったので、それで稼げるならいいなあと。
たくさんのタクシー会社があるなかでkmは、「業界変革をしていくために、若い力を必要としている」と説明会で言っていて、自分もその業界を変えていく一員になれればという気持ちでkmに入社しました。

実際にタクシードライバーをはじめてからは、もともと地理は詳しかったので、どんどんそれにプラスして抜け道を覚えていきました。お客さまからも「いつもとルート違うけど早く着いたね、ありがとう」などと言って頂くことが出来ました。お客様が嬉しいと僕も嬉しいですね。

タクシーに乗るのが怖くなったとき、課長が「乗らなくていいから、とりあえず毎日会社にこい」って言ってくれたんです。

三鷹営業所に初の新卒ドライバーとして入社した僕が楽しく仕事出来たのは、先輩たちがいろんな場面で声をかけてくれて、沢山のことを教えてくれたおかげでした。
一番思い出深いのは、入社して2ヶ月目に、自転車に乗っているおばあちゃんと接触してしまった時のことです。幸い、おばあちゃんに怪我はなかったものの、ハンドルを握るのが怖くなり、タクシーに乗れなくなってしまいました。
そんなとき、課長が「乗らなくていいからとりあえず毎日会社にこい。会社で話を聞いてあげられるし、もう絶対にこのような事がないように指導もするから」と言ってくださったんです。
たくさん話を聞いてくれた課長はもちろん、他のみんなも落ち込んでいる僕に気付いて「どうしたの?」と声をかけてくれました。指導もしていただき、4日目には乗れるようになっていました。指導のおかげでそれ以来無事故ですし、みなさんの温かい対応がなかったらもっと引きずっていたと思います。

三鷹営業所の先輩方には、本当に感謝しています。
先輩方は出庫のときや帰ってきたとき、あらゆる場面で声をかけてくれるんですけど、シフトの関係上なかなかお会いしない方とかでも、たまにお会いした時にはいつも声をかけてくださるんですよね。顔色の変化にもすぐ気づいてくれて。そういう先輩がいるってとてもありがたいことですし、絶対に働きやすい職場だと思うんです。モチベーションも上がりますよね。

嬉しかったのは、後輩が面談後に言ってくれた「細井班長のようになりたい」という言葉。

先輩方がしてくれたような対応を、今度は僕が後輩達にしていってあげたいと思いながら日々接しています。
以前、失敗をして落ち込んでいる後輩の新卒ドライバーと面談をしたことがありました。僕自身、落ち込んだ時は先輩がその時の気持ちなどを色々聞いてくださって楽になったという経験があったので、自分の経験を後輩に話し、後輩の話を聞き、「無理すんな」と最後に伝えました。
すると、直接言われたわけではないのですが、その後行ったアンケートに「細井班長みたいになりたい」と書いてくれたんです。とても嬉しかったですね。

もちろん技術的な指導も大切なんですが、その時どういう気持ちだったのか、不安に思っている事はないか、そういうことを聞いてあげることを大切にしています。
その他にも、班長として、後輩たちが気持ちよく働けるよう意識しながらサポートしています。帰庫してきた新人に声をかけたり、出庫の時も声をかけたり。ひとりひとりの顔色を見て変化に気付いてあげられるようにしたいですね。

現場のプロフェッショナルになって、後輩をサポートし、先輩方が気持ちよく働けるよう恩返ししていきたい。

入社3年目の時に班長になりましたが、班長の仕事は楽しいです。今まで乗務社員として一緒に働いていた人達の為に色々力添えが出来ることが嬉しいですし、感謝してもらえた時は非常にやりがいを感じますね。
班長になって1年が経ちますが、まだまだ出来ることは沢山あると思っています。今後は、営業所の職員の仕事も覚えていきたいですね。現場のプロフェッショナルとして、乗務社員の皆さんがより気持ちよく働ける環境をつくっていきたいと考えています。
僕が現場で頑張っていきたいと考えているのは、乗務社員の皆さんの為になる存在になりたいから。自分が楽しく働けるよう沢山サポートしてもらった分、今度は僕が、後輩をサポートし、先輩が気持ちよく働ける職場をつくることで、恩返ししていきます!

カテゴリー : ◎タクシードライバー(新卒入社)