タクシードライバーの求人や面接に関する疑問を解決するコラム

HOME > ホスピタリティカレッジオンライン > タクシードライバーの休日ってどういう仕組みなってるの?

2015.10.21

タクシードライバーの休日ってどういう仕組みなってるの?

タクシードライバーの休日は勤務先や働き方によって変化します

af9920059186l
タクシードライバーは、勤務先によっても業務への入り方が異なるため、一概には言えませんが、多くの場合は自分の生活スタイルや希望に応じて最適な勤務方法を選択することが可能です。

主には、24時間制の工場や病院と同じように、日勤と夜勤がありますが、それ以外にも、隔日勤務というのがあるのがタクシードライバーならではの特徴といえるでしょう。

また、勤務時間が選べるということに加えて、シフト制勤務というのも、タクシードライバーの基本です。
一見、昼夜、土日問わず働く職業で、時間の制約があると思いがちですが、タクシードライバーは自身の時間を有効に使える仕事といえるでしょう。

タクシードライバーの勤務形態は3種類です

説明したとおり、タクシードライバーは休日を自分のスタイルに合わせて取得することができるように、勤務時間についていくつかの種類を設けていることがあります。
代表的なものは下記の通りです。

日勤形態
通常のサラリーマンと同じように、9時に出勤して夕方ころまで働くような勤務形態です。
この形態では、昼間の運転がメインとなるため安全確認がしやすかったり、道を覚えやすかったりするというメリットがあります。

また、生活リズムが崩れにくいため、タクシードライバーになりたてで、道をあまり詳しく覚えられていない方や、ビジネスマン相手の接客が上手な方は、日勤での勤務を行っていることが多いです。

夜勤形態
夕方から出勤をして翌朝まで仕事をするタイプの勤務形態です。
繁華街を中心に、駅のロータリーでお客様をお乗せしたり、お店の固まっている周辺を流しながら、帰路につくお客様をお乗せしたりするのが基本で、人通りの多い道を運転する必要があります。

また、中には泥酔しているようなお客様をお乗せすることもありますので、安全運転はもとより、どのような状態のお客様でもコミュニケーションが取れることが大切です。

夜に勤務することもあり、仮眠時間が設けられているケースもありますが、自分で健康面に気を使うことが求められます。

隔日勤務
隔日勤務というのは、朝に出勤して夜中まで仕事を続ける勤務形態のことです。
長い時間働くことになりますので、体力や事故を起こさないための集中力が求められますが、一方で長い休みがとりやすくなるのが特徴といえます。

通常は、20日前後出勤するのが求められるの対して、隔日出勤は10~13日程度の出勤日数でよいので、長期休暇が任意で取得しやすいのと、自分の時間が自由に使えるのが魅力です。

他の職業ではあまり見かけない勤務形態ですが、タクシードライバーの中では珍しくない出勤形態となっています。

お母さんでも安心できるシフト制勤務です

シフト制勤務とは、決められた曜日に休むのではなく自身の希望や会社の都合によって、その月や週の休みを決める方式です。
タクシードライバーは、土日でもお客様が必要とする職業ですので、多くのタクシー会社ではシフト制の勤務を採用しています。

そのため、子供を抱える女性の場合には、タクシードライバーになることは難しいのではないかと思っている方も多いでしょう。

しかし、タクシードライバーのシフト制勤務は、他の業界のシフト制に比べても柔軟性に優れ、自分の休みたいときに休むことができるのが特徴です。
KMタクシーには、シングルマザーの方でも働いている方がいます。

自分の好きなように働き方を選択できるのがタクシードライバーです。
もしかしたら、自分の好きな働き方にフィットしている職業かもしれませんよ。

自分の趣味や休みの使い方を変えなくても済むのがタクシードライバーです

af9970014055l
職業によっては、今自分が打ち込んでいる趣味の時間に制約がついてしまったり、効率のよい働き方ができなくなってしまうケースもあるでしょう。

タクシードライバーそのような悩みを抱える方でも働きやすい環境を作りやすいのが特徴です。
時間を使ってしまいがちな、バンド活動や時間に制限のある釣りといった趣味に打ち込みたいという方でも、最適な勤務方法が見つけられるでしょう。

趣味や休日は、働く上でも重要なものです。
特に、タクシードライバーの場合にはずっと集中しての運転が求められる分、疲れやすい職業かもしれません。

そんな仕事だからこそ、趣味に使える時間を最大限用意することができる勤務方法が選べるようになっているのです。

(まとめ)タクシードライバーの休日ってどういう仕組みなってるの?

1.タクシードライバーの休日は勤務先や働き方によって変化します

タクシードライバーは自分のライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務日を選ぶことが可能です。
制約が厳しそうな職業に見えますが、実は自身の時間を有効に使うためには、最適な職業といえます。

2.タクシードライバーの勤務形態は3種類です

タクシードライバーの勤務形態には、日勤・夜勤と隔日勤務の3つがあるのが一般的です。
どれも、自身の働きやすさや休みをどのように取りたいかによって選べます。
生活リズムや趣味などと相談しながら考えるとよいでしょう。

3.お母さんでも安心できるシフト制勤務です

タクシードライバーは、土日にも営業をする必要なこともあり、シフト制勤務で働くことが基本です。
しかし、土日でも休みがとりやすかったり、休日も柔軟に希望を出すことが可能なため、シングルマザーの方でも働くことができます。

4.自分の趣味や休みの使い方を変えなくても済むのがタクシードライバーです

タクシードライバーは、自分の趣味や休日に関して、自身の都合を通しやすい職業です。
仕事では、集中力が求められる分、疲れやすいかもしれませんが、その分リフレッシュする環境があるといえるでしょう。

はじめは印象のよくなかったタクシーに転職した理由

前のページに戻る

関連記事