国際自動車からのメッセージ

HOME > メッセージ

ご家族の皆様へ

執行役員 挨拶

国際自動車では、まずは何よりも社員の幸せを心がけています。社員が幸せに心から満足して働いていることこそが、お客さまへのホスピタリティ溢れるサービスのご提供に繋がると考えているからです。そしてこの社員満足の実現には、ご家族の皆さまからのご協力を欠かすことが出来ません。ご家族の皆さまからのバックアップが社員の日々の充実の大きな糧となるからです。しかし運輸業の仕事は外から見ると勤務時間や給与などオフィスワークの仕事に比べ特殊な点があるかと思います。理解できないところがあるままでは、ご家族の皆さまが全面的にバックアップすることは難しいと思います。そこで弊社では社員のご家族の皆さま向けの会社見学会(オープンカンパニー)を定期的に行っております。実際に働く場をご覧いただき、理解を深めることで安心していただければと思います。
運輸業は「危険」「長時間勤務」というイメージを持たれることが少なくはありません。大切なご家族に安心して仕事に取り組んでいただくために、経営方針の一つ目に「『輸送の安全確保』を大前提とし、コンプライアンスを最優先とすること」を掲げています。
具体的には法定速度の遵守や拘束時間(残業時間)の管理の徹底など、当たり前のことをしっかり行うことによって社員及びお客さまを守ることに繋がると信じております。
どうぞ安心して、ご家族を国際自動車にお預けください。

人財採用課・研修課 執行役員 川田 政

ご家族の皆さまからよく頂く質問

Q1国際自動車はどんな会社ですか?ちゃんとしている会社なのでしょうか?

kmグループはタクシー・ハイヤー・バスをはじめ、リース、自動車保険、自動車整備、自動車運行管理サービス、駐車場事業に至るまで、自動車運行に関わるあらゆるサービス部門を有する旅客運送事業の総合企業です。kmグループ全体で6,556名(2016年1月時点)の社員が、それぞれの職場で活躍していただいています。2020年に創業100周年の節目を迎えるにあたって、お客さまに喜んでいただける新たなサービスの創出、社員の働きやすい環境づくり、女性の活躍促進・雇用拡大など、様々なことに取り組んでいます。
福利厚生制度の充実にも注力しており、2015年4月からは、ベネフィット・ステーションの総合福利厚生サービスを加えました。

国際自動車の福利厚生はこちらからご確認いただけます。

Q2タクシーは深夜勤務で勤務時間も長いので、健康面が心配です。お休みはちゃんと取れるのでしょうか?

昼間だけ仕事を行う日勤という勤務形態もあります。隔日勤務という勤務形態の際は、1回の出勤で2日分働いていただくために勤務時間が長くなります。その分、十分な休憩時間(3時間)が確保されております。乗務を終えると明け番となり、丸一日身体を休めるためのお休みを取っていただきます。その他、毎月7~9日の公休もございます。乗務に慣れるまでの期間は人それぞれではございますが、十分にお休みも確保されておりますので、ご安心ください。
また、お客さまの命をお預かりする事業者である以上、社員の健康管理には注力しています。年2回(夏・冬)の健康診断の実施や、健康管理室の設置など、社員の健康の保持増進をはかっています。

タクシードライバーの勤務形態はこちらからご確認いただけます。

Q3事故が非常に心配です。もし事故に巻き込まれてしまったり、引き起こしてしまった際はどうなるのですか?

事故発生の際は、まずは人命を優先し(救護)、その後警察及び所属する営業所に連絡して指示を仰ぎます。最初の対応を除き、その後の交渉は所属営業所の渉外担当が行いますのでご安心ください。事故を未然に防ぐための教育や、事故を起こしてしまったドライバーの再教育も行っており、無事故へ向けての教育体制も整っています。

Q4お客さまとのトラブルが心配です。ドライバーを守る対策はありますか?

日々、様々なお客さまにタクシーをご利用いただきますが、ドライバーがトラブルに巻き込まれる事が全くないとは言い切れません。そこで国際自動車ではトラブルに対応できるよう、30日以上の研修と日々のフォローを行っています。タクシー車内での防犯対策として、車内カメラを搭載し車内及び社外前方を常時録画しています。また緊急時対策として車内が煙につつまれる「スモークガード」を全車に実装しています。合わせて各車両のGPS情報をリアルタイムで確認できるシステムも整っており、トラブル発生時には警察への迅速な通報や応援要請が可能です。また、タクシー利用者がドライバーへのセクシャルハラスメントおよびモラルハラスメント行為を防止するために『運送約款』を一部変更したしました。この変更により、タクシー車内での暴力行為・セクハラ行為に対して、厳正な処置が可能となりました。すべてのドライバーが安心して働ける環境を作っております。

現役ドライバーの声

営業所はアットホームな雰囲気で、
女性の先輩もいるので安心です!

藤田有美、召田春花、松本真央、齋藤思乃
国際自動車株式会社 2015年新卒入社

営業所に配属されたばかりの頃は、父親よりも年上の方々ばかりの世界だったので戸惑いました。でも、先輩たちが「今日はどうだった?」「何か困っていることはない?」など積極的に話しかけてきてくれるので助かっています。みさなん「娘と同い歳だから」と言ってとても大事にしてくださいますし、女性の先輩もいるので体調面や感覚的なことも相談しやすい環境です。家族のようだと思える職場で働けることがとても嬉しいです。大好きな人たちと一緒に、タクシードライバーは女性が長く続けていける仕事だと示していきたいです。
» ❤︎女子大生必見❤︎新卒タクシードライバー女子座談会【営業所の人間関係編】

国際自動車で働いている父親からの勧めで
タクシードライバーになりました!

中塩怜希
国際自動車株式会社 2014年キャリア入社

大手企業の役員だった父が定年後に、国際自動車のタクシードライバーに転職しました。「会議ばかりの日々から開放されて、色々な場所に行ける毎日が楽しいと生き生き話す父親に影響され、僕も25歳でタクシードライバーの道を選びました。転職にあたり周囲の目も気になりましたが、今では若いうちに入社して良かったと思っています。先輩方はみんな優しく、中でも班長は僕のことを息子のように可愛がってくれます。国際自動車のお父さんである班長と、実家から応援してくれるタクシードライバーのお父さん。心から愛情を持ってアドバイスや指導をしてくれる人たちと一緒に働けてとても幸せです。
» 国際自動車でタクシードライバーになった父が変貌。気になり過ぎて自分も同じ道に進みました。

「国際自動車に入って良かったね」という一言を目指して
新人教育を行っています

倉田孝夫さん(班長)
国際自動車株式会社 2007年キャリア入社

国際自動車のホスピタリティ・ドライビングという想いに共感し、新卒で入社してくれる学生が増えました。僕はその子たちを大切にしていきたいんです。入社前はご両親に『大卒なのに何故タクシー業界に入るの?』と反対されたとしても、働く様子を見るうちに『国際自動車に入って良かったね』と言われるようにしてあげたい。営業所に配属された新人タクシードライバーに必ず聞く質問があります。それは「家族に仕事を応援してもらうには、どんな運転や接客をしていけばいいと思う?」ということ。一人ひとりがこうした意識を持って仕事に取り組めば、タクシー業界のイメージは必ず変わります。営業所では僕をはじめとして班長や課長、先輩が新人を全力でサポートしていますので、安心して見守っていただければと思います。
» 「なんでタクシー業界に入るの?」と言われた人たちが、「あなた国際自動車に入って良かったわね」と言われる時代まで、あと少し。

オープンカンパニー

オープンカンパニー ご家族やご友人が対象の見学会

ご家族やご友人を対象に、営業所を開放する見学会
「オープンカンパニー」を実施しております。

国際自動車では、タクシー・ハイヤードライバーを検討されている方のご家族やご友人を対象に、営業所を開放する見学会を実施しております。弊社の様々な取り組みを理解していただき、国際自動車の実像を通じて入社前の不安や心配点を払拭できるようなプログラムをご用意しています。社員1人1人が満足して働き、ご家族にも安心、信頼される企業としての職場環境づくりを、実際に肌で感じていただければ幸いです。

  • オープンカンパニーに申し込む