kmのタクシードライバーを知る

HOME > 職種を知る > タクシードライバー > 福利厚生

  • 国際自動車の福利厚生
  • プライベートが充実
  • 従業員持株会制度
  • 社内表彰制度
  • 社員の健康

国際自動車の福利厚生とは

人財・労務担当 安原隆行

国際自動車株式会社 執行役員
人財・労務担当 安原隆行

徹底して人を大切にする姿勢が、国際自動車の福利厚生の土台

1920年に創業して以来、95年の歴史を有する国際自動車では、「全ては社員のため」という信念が脈々と受け継がれています。タクシー業界では唯一「従業員持株制度」を導入していますし、永年勤続者や無事故のドライバーを表彰する文化があります。また、新卒採用を始めた2010年からどんどん増え続けている新卒若手ドライバーにも充実したサービスを提供できるように、2015年4月から、ベネフィット・ステーションの総合福利厚生サービスを加えました。現在の国際自動車の福利厚生は若手からベテランまで、全ての社員を網羅する制度となっています。そんな私たちが近年注力しているのが、社員の健康管理体制の強化です。お客さまの命をお預かりする事業者としての義務と、リーディングカンパニーとして業界を牽引する立場だからこそ、運転するドライバーの健康管理はとても大切なことだと考えています。そこで国際自動車では、社員の健康と、家族の安心のため、社内に健康管理室を設け、産業医・保健師・看護師、また自社の健康保険組合と連携し、体制をしっかり整えて整えています。

国際自動車の福利厚生一覧

  • メニューが豊富な福利厚生

    メニューが豊富な福利厚生

    レジャー、エンタメ、グルメ、スポーツ、介護など多岐にわたる福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が利用できます。特別貸付(医療・災害・葬祭)、普通貸付(進学・結婚等)が受けられます。

  • 従業員持株制度

    従業員持株制度

    会社の株式を定期的に購入し、社員の中長期的な資産形成を支援する制度です。月々1口/1000円から最大50口/50,000円まで申込みが可能で、10%の奨励金が毎月会社から付与されます。また、持株分に応じた配当が毎年行われます。

  • 社内表彰制度

    社内表彰制度

    一定年数以上の勤続者に対する永年勤続表彰(2014年度は168名)や、無事故表彰等(2014年度は630名)の社内表彰制度を通して、会社から社員への感謝を伝えています。

  • 社員食堂

    社員食堂

    東雲営業所には、自由に使えるテラスや社員食堂を備えており、社員誰でも利用することが可能です。

  • 旅行補助

    旅行補助

    各営業所で夏季レクリエーションを年に1回開催しています。温泉旅行やBBQなどの企画をとおして社員同士の親睦を深めています。

  • 産業医・看護師・保健師

    産業医・看護師・保健師

    専門分野の異なる経験豊富な医師、看護師、保健師が社員の健康を守ります。

  • 自社健康保険組合

    自社健康保険組合

    国際自動車独自の保険組合を設立し、いざという時に備え助け合うことを目的としています。

  • 各種社会保険完備

    各種社会保険完備

    「雇用保険」「労災保険」「健康保険」「厚生年金保険」の4種全てを備えています。

  • 慶弔見舞金

    慶弔見舞金

    社員もしくはそのご家族の慶弔事に対し支給する、祝い金、見舞金等です。

社員も満足!プライベートが充実する国際自動車の福利厚生

kmグッドライフクラブ(ベネフィット・ステーション)

新卒 人気カフェでの食事や飲み物が半額に

清水菜央
清水菜央さんの場合
国際自動車株式会社 人財採用課 2015年入社

私は一般職を希望して就職活動をしていました。業務内容や給与などの条件がある中で、私が特に重視していたのが福利厚生です。国際自動車は歴史のある大手企業なので安定していますし、持株制度があることも魅力の1つでした。4月に入社して、ベネフィット・ステーションのサービスが受けられるようになった時は「これはすごい!」と思いました。赤坂の職場近くのカフェは、お会計が50%オフになるのでランチによく行っていますし、遊園地や映画館、レンタカーが安く利用できたので嬉しかったです。先日同期とレストランで利用した時は「この制度ってホントいいよね。」と話したくらいです。まだ入社して4ヶ月ですが、国際自動車の福利厚生の充実さを凄く感じています。

キャリア 国際自動車の福利厚生は家族サービスにも使えます!

野口尚一
野口尚一さんの場合
国際自動車株式会社 東雲 2014年入社

私は二人の子どもがいます。父親として家族との時間を大切にしたい!と思っていたのですが、以前の職場では平日は深夜に帰宅し、休日は寝るだけという状態でした。有給休暇も取り辛く、休みと言ったら旅行代金もピークとなる年末年始やお盆だけ。家族サービスが中々出来ませんでした。しかし、国際自動車に転職してからは、休みがかなり自由にとれるようになったんです。これは旅行に行くしかない!と思っていた時、ベネフィット・ステーションの案内が届きました。おかげさまで、今年の夏は家族との思い出をつくることが出来ました。この制度を利用して次はどこへ行こう? と考えるのが仕事のやる気にもなっています。

持っているだけでお得!大手国際自動車ならではの福利厚生

従業員持株会

従業員持株会制度とは?

「社員が安心して働けるよう、自分たちで自社の株式を一定割合以上保有しましょう」という趣旨の基、2007年6月に設立をしました。月々、1口/1000円から最大50口/50,000円まで申込みが可能で、月々10%の奨励金が会社から付与されます。また、持株分に応じた配当が毎年行われており、各会員の資金として再投資され、月々の拠出金や奨励金などと一緒に着実に積み上げられていくので、長期間にわたり資産を増やすことができます。

新卒 仕事のモチベーションが上がったうえに、貯金も増えました!

内田将太
内田将太さんの場合
国際自動車株式会社 城南 2013年入社

入社して半年が経った時、給与が高いにも関わらず、貯金が全然貯まっていないことに気がついたんです。将来のことを考えてそろそろ貯蓄を始めなきゃとは思っていたのですが、マメな性格ではないので、最初は定期預金を考えていました。そんな時に営業所で従業員持株会の話を詳しく聞いたんです。単純に「毎月1万円が、1万千円に増える」と聞いて「従業員持株会に入ろう!」と思いました。そんな軽い気持ちで入った私ですが、半年後に初めて自分の投資報告書と配当金を見た時に「こうやって会社の株が溜まっていっているんだ」と感じ、自分も国際自動車の一員だという意識が芽生えたんです。貯金が出来るようになった上に、仕事に対して今まで以上に真剣に取り組めるようになったのが良かったですね。

キャリア 日々の乗務が株価を上げるチャンスかもしれません

落合孝充
落合孝充さんの場合
国際自動車株式会社 東雲 2012年入社

入社前の説明会で国際自動車の「持株会制度」を知った時、正直なところかなり不信感がありました。原因は前職時代の苦い経験です。私は国際自動車に入社する前に勤めていた某大手企業で、持株会制度を利用していました。15年間積み立てていたにも関わらず、業績不振を理由に退職時には資産が半減してしまったんです。そんな経緯があったので持株会には入らないまま、入社して1年が経ったある日。班長に「持株会入らないの?」と声を掛けられました。改めてどうしようか?と考えてみると、入社1年目で国際自動車で勤務するうちに会社に対する信頼感が上がっていたのに気づいたんです。むしろ、「自分が日々の乗務に真摯に取り組むことで、国際自動車全体のブランドイメージが向上すれば株価も上がるのではないか?」と思える自分がいました。微力かもしれませんが、1人ひとりのお客さまを大事にしていき、結果的に株価も上がればこんな嬉しいことはありません。

社員の頑張りを見逃さない、努力を称える社内表彰制度

社内表彰制度

莅戸宏一班長

莅戸宏一班長
国際自動車株式会社 東雲

日々の努力を会社に認めてもらえます

私が事故防止について深く意識し始めたのは入社2年目、班長に就任した時です。ドライバーたちに「今日も無事故で帰って来いよ!」と送り出すのが仕事の1つである班長が、事故を起こす訳にはいきません。正直言えば運転中にヒヤッとするような経験は何度かありましたが、その度に原因を分析し対策を考え、次の安全確認に活かして参りました。そんな日々の積み重ねが今回の無事故10回賞受賞に繋がり、大変光栄です。また600名を超える方々が表彰されたという事実が国際自動車の事故防止に対する意識の高さを現していると思います。そんな素晴らしい会社で働く誇りを胸に、今後も班長として更なる受賞者を増やしていきたいです。

社内表彰制度とは?

国際自動車では「永年勤続表彰」「無事故表彰」を通して、社員への感謝を伝えています。
▼永年勤続表彰
在籍年数15年以上より5年ごとに表彰され、各年数ごとにお祝いが贈呈されます。2014年度は168名が受賞しました。
▼無事故表彰
一年間無事故で勤務すると年間賞として1回とカウントし、3回賞から表彰されます。以後、5年、10年と5年おきに表彰され、各回数ごとにお祝いが贈呈されます。2014年度は630名が受賞しました。

社員の健康を守り、健康に対する意識の底上げを図っています。

産業医体制

宮本晃 産業医

宮本晃 産業医

口うるさく思われても構いません。
「私の健康を誰かが気にしている」という安心感が重要です。

社員の健康は企業文化に大きく左右されます。その点、人を大切にする姿勢を貫く国際自動車では、健康に対する土台が強固だといえるでしょう。1年前に産業医として就任して以来、私が注力してきたのは、担当営業所のドライバーさんとの間に信頼関係を築くことです。「病院へ行きましたか?」「薬を飲んでいますか?」と声を掛け続けたので、「口うるさい人が来た」と思われたかもしれません。でも、就労判定などの評価だけを行う、冷たい産業医にはなりたくありませんでした。国際自動車には専門分野が異なる5名の産業医がいますので、看護師や保健師と連携を取りながら、多角的な視点で健康指導を行うことが可能です。ドライバーさん一人一人には、「自分たちの健康を誰かが気にしてくれている」という安心感がとても大切です。

産業医の専門分野 内科:2名 外科:1名 精神科:1名 航空宇宙医学:1名

健康管理室

石川芽里(保健師)・仲野由美(看護師)

石川芽里(保健師)・仲野由美(看護師)

皆さんが全力で働き続けるために、本当の意味での健康を手に入れるサポートをします

健康管理室の役割は全社員の健康問題の早期発見・早期治療だと思っています。国際自動車では全ドライバーさんに対して年に2回の健康診断を実施しており、その後、必要であれば個別に紹介状を作成するなどして病院での受診を促す工夫をしています。法令遵守を徹底している国際自動車では産業医体制が整っており、産業医と連携した週1回の各社への訪問や月1回の委員会への出席、ドライバーさんに対しての保健指導が行われています。また、実際の事例や解決策を知らせる健康通信を月1回発行し、日々の生活の中で健康に対する意識を高めています。私たち健康管理室はドライバーの方々が安全に働けるためのサポートはもちろん、ドライバーさん自身が健康を維持出来るようになるためのお手伝いをしています。

自社健康保険組合

自社健康保険組合
業界を牽引する会社としての責任を持ち、独自の健康保険組合で社員を守っています

健康保険の役割は大きく分けて2つあります。1つ目は「保険給付」といって、本人(被保険者)と家族(被扶養者)が病気やケガ、死亡や出産等をした際の、医療費負担や様々な給付金の支給です。2つ目は「保険事業」といって、本人(被保険者)と家族(被扶養者)の健康の保持増進をはかる事業を指します。国際自動車では厚生労働大臣の許可を受けて独自の健康保険組合を設立し、社員の健康管理に努めています。「人」を大事にする社風を持ち、お客さまの命をお預かりするという事業を行う国際自動車では社員の実態に即した保健対策を行っています。

タクシードライバートップに戻る
  • 募集要項を見る
  • 会社説明会に申し込む
  • タクシードライバーに応募する