2014年12月22日

タクシー転職当時は言えなかった言葉「道を教えていただけませんか?」の大切さとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
谷部(やべ)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2014年4月キャリア(中途)入社。前職はメーカーで営業。趣味は音楽鑑賞、ギター。(取材日:2014年12月22日)

谷部さん、本日はよろしくお願い致します!

よろしくお願いします。

国際自動車(kmタクシー)に転職したきっかけは何だったのですか?

前職はメーカーで営業をしていました。その会社には新卒で入社し、10年ほど勤めましたが、景気の影響を受けて、今後自分が得たいと考えている収入を下回ってしまったので、より自分が得たい収入を得られる仕事をしたいという想いから国際自動車(kmタクシー)に転職を決意しました。

自宅から一番近いということもあり吉祥寺営業所に問い合わせをしたのですが、説明をしていただいた際に、吉祥寺営業所の明るい雰囲気と、当時の吉祥寺営業所の課長の気さくな人柄に惹かれて入社を決めました。

アットホームで和気あいあいとした、素敵な営業所ですよね。タクシードライバーをやられてみて、いかがですか?

はじめは覚えた地図と地図が頭の中でつながっておらず、地理が全然把握できていなかったものですから、お客さまの言っていることが外国語のように聞こえました(笑)

苦労しましたが、半年たった今でとても楽しくお仕事させて頂いています。毎日いろんなお客さまとの出会いがあるので新鮮です。お客さまから指示されるまではどこに行くのか分からないところもワクワクしますね。

外国語!(笑)そんなに難しかった地理を、どのように克服したのですか?

お客さまが教えて下さいました。「申し訳ありません。新人でして、道を教えていただけませんか?」と正直に話せばみなさま優しく教えてくださいます。降車時には、「頑張ってね」なんてお声がけいただくこともあるんですよ。ありがたいですよね。

あたたかいお客さまばかりなんですね。きっと、谷部さんが誠実な接客をされていらっしゃるからですね。

実は、転職当時は正直に聞くことがなかなか出来ずに苦労しました。道が分からない自分のせいで、お客さまの国際自動車(kmタクシー)全体に対するイメージが悪くなってしまうのでは?というプレッシャーを感じていたんです。変に気負ってしまったことで接客もギクシャクし、「そんなことも分からないのか」と言われてしまったこともありました。

そうだったんですね。タクシードライバーとお客さまの関係は、どちらかというと長期的なものより一度きりの出会いが多いように思います。

そうなんですよ。それに気付けたとき、良い意味で楽になったというか。お客さまとの一度きりの出会いを大切にしようって思えるようになりました。そういう気持ちになれたことで、自然と誠心誠意尽くせるようになったんです。

例えば、先日外国人のお客さまをお送りしたんですよ。私はあまり英語が得意な方ではないのですが、身振り手振りで一生懸命接客したらお客さまと意思疎通できて嬉しかったです(笑)このような出会いが本当に楽しいですし、大切にしていきたいなと思っています。

誠心誠意は素晴らしい心掛けですね。現在、目標にされている事はありますか?

非常に楽しんで仕事ができているので、このまま自分のペースで成長していきたいです。もうすぐ給与補償期間が終わるので、まずは安定した収入が得られるようにしていきたいと思います。営業所の先輩方も頻繁に声をかけてくださって、乗務が終わって営業所に帰ってくると「今日はどうだった?」と聞いてくださるんですよ。相談をすると、「こんな道通ってみたら?」「こんな流し方をしてみたら?」などアドバイスをくださるので、どんどん参考にしていきたいです。

谷部さん、ありがとうございました!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /自衛隊で学んだ先回りする思考はタクシードライバーになってから役に立つ!?
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。