2018年10月29日

タクシー営業所ってどんな雰囲気?ドライバーから愛されるモテモテな新人班長が語ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
橋本(はしもと)さん。国際自動車(kmタクシー)株式会社板橋営業所所属。2016年9月キャリア(中途)入社。入社後1年ほどタクシードライバーとして勤務後、班長へ。趣味はゲームと映画鑑賞。(取材:2018年9月5日)

橋本さんは、2016年に国際自動車(kmタクシー)に転職されたんですよね。

そうです。2016年の9月にタクシードライバーとして国際自動車(kmタクシー)に入社して、2017年の11月からは班長をやらせてもらっています。

前職は何をされていたんですか?

ステーキ屋でウエイターとしてアルバイトをしていました。

国際自動車(kmタクシー)を選んだのはどうしてでしょうか?

国際自動車(kmタクシー)で働いている友人からの紹介がきっかけです。「タクシードライバーは時間に融通の効く仕事だから働きやすいと思うよ」と教えてくれて。

実際、国際自動車(kmタクシー)にはプロボクサーとして活動しながらタクシードライバーとして働いている人など、夢と仕事を両立している方が結構多くいらっしゃるんですよ。

そうなんですか!働きやすそうな職場ですね。

休みも調整しやすいですし、かなり時間の融通が利く仕事だと実感しています。そういった仕事を求めている方にはおすすめですね。

とはいえ、やっぱりタクシードライバーは運転が得意な人じゃないとできないですよね。橋本さん自身は、もともと運転はよくされていたんですか?

それが、国際自動車(kmタクシー)に転職するまで、10年間ペーパードライバーでした。しかも、教習所で「本当に免許持ってますか?」と苦笑されるぐらいの(笑)

それは意外です!

そんな私でもタクシードライバーとしてデビューすることができました。本当にコーチや先輩たちのおかげなので感謝しています。かなり丁寧に教えていただきました。

しっかりと教育を受けられる環境なんですね。

サポートは手厚いと思います。地理試験の合格率も国際自動車(kmタクシー)は90%を超えていますし、第二種運転免許の試験に2回落ちてしまった仲間もいましたが、合格するまでとことん向き合って支えてもらったみたいです。

タクシードライバーのみなさんは、はじめ地理や接客で悩まれるようですが、橋本さんはいかがでしたか?

最初からできたわけではありませんでしたね。班長がよく相談に乗ってくれて、「最初は人が多い新宿とか六本木に行くといいよ」などと教えてもらいながら覚えていった感じです。

接客に関しては、誰とでもすぐに打ち解けるタイプなので苦労しませんでした。クリスマスに数名の女性のお客さまをお送りしたときは、合計5時間くらい話を聞いたこともありましたし、喧嘩しているカップルの仲裁をしたこともあります(笑)

すごいですね!(笑)

そういう人と人との関わりがまた、面白い仕事なんですよ。国際自動車(kmタクシー)はホスピタリティを大切にしていますが、ホスピタリティって、相手が何を望んでいるのか察することだと思うんですよね。相手の表情を見て、何を求めているのか聞かなくても汲み取ってあげられる力だと考えています。

素晴らしいですね。そんなに接客が得意な橋本さんが、タクシードライバーから(内勤業務がメインの)班長になられたのはどうしてですか?

当時の課長から「班長をやってみないか?」と誘われたんです。まだ入社1年目だったので突然の打診に驚いたんですけど、班長は「橋本の周りにはいつも年次や立場に関係なく人が集まって楽しそうにしているから、管理職の班長は向いていると思う」と言ってくれました。

そんな風に褒められたら嬉しいですし、こっちも調子にのって「確かに班長はコミュニケーション力が大事な素晴らしい仕事ですよね」なんてヨイショしてたら、やる気があると思われて本当に任命されちゃったんです(笑)

なんと!(笑)

でも、後悔はしていませんよ。タクシードライバーの仕事が楽しかったので悩みましたけど、仕事を楽しみながら頑張ってこれたのは板橋営業所の雰囲気の良さとか、みんなのお陰だっていう感謝の気持ちが当時から常にあったんです。だから、僕もみんなを支えられる立場になれたらいいなと思って班長になりました。

そうなんですね。板橋営業所はどんな雰囲気なんですか?

みんな仲が良くて、和気あいあいとしています。班長として内勤しているので本社との電話のやりとりがよくあるのですが、本社の人から「電話口からこんなに笑い声が聞こえてくるなんてさすが板橋営業所」と言われます(笑)

営業所内では「営業収入(売り上げ)が低い」といった理由で怒られることがありません。もちろん本人にやる気がなくてわざとサボっていたらダメだと思いますが、目標とする結果のために努力したのであれば、結果が伴っていなくても怒られることはないんですよね。結果よりも過程をみてもらえる職場です。

タクシードライバーは現場に出たら一人で営業するので、「一人でやる仕事」というイメージが以前はありましたが、今は「みんなでやる仕事」だと思っています。ドライバーも営業所の職員もみんなで力を合わせてやっているという実感がありますね。

素敵な営業所ですね。班長業務は、いかがでしょうか?

はじめの1ヶ月くらいは慣れないことが多かったり、みんなとの信頼関係を築くのが大変でしたが、今は楽しくやっています。やはり僕は人と話すのが大好きなので楽しいです。新卒の子から相談の電話がかかってくることもあるのですが、困っている人はほっておけないタイプなので相談相手になれて嬉しいですね。

あとはこの前、「橋本班長に会うと家に帰ってきたみたいな感じ!母ちゃんみたいだよ!」って一回りくらい歳上のタクシードライバーに言われました(笑)「いや違うでしょ!」って感じなんですけど「板橋の母」とか言われちゃって。

橋本さんがとても慕われているのが伝わってきます。今後の目標はありますか?

営業の仕方のサポートはもちろんしっかりとやっていきつつ、みんなが笑顔で出庫して、笑顔で帰ってきてもらえるようなメンタル面のサポートもしていきたいですね。みんなにとって「この人がいれば大丈夫!」と思ってもらえるような存在になりたいです。

・・・っていうと、みんなに「無理無理!」とか笑われるんですけど(笑)、尊敬している先輩たちのような存在になれるよう頑張ります!

応援しています!本日はありがとうございました。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /工場勤務から37歳で転職。オリンピックに向けて観光情報も提供できるドライバーになりたい
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。