2021年4月30日

DRIVERS特別企画 -中途男性メンバー・ダイジェスト-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

月例定期更新中!国際自動車株式会社(kmタクシー )のメンバーがタクシー業界のイマと自身のポリシーを語る記事コンテンツ「DRIVERS(ドライバーズ)」。今回の記事は、過去2年間の記事の中から5人の中途入社男性メンバーをピックアップしたダイジェスト版でお送りします!

 

EPISODE 01
最後の職業として「タクシードライバー」を選択。日々の業務を独自のフォーマットで記録する、一風変わった理由とは。

PROFILE
村石さん。タクシードライバー。板橋営業所所属。2014年中途入社。


30年近くファミリーレストランを経営している会社でメニュー開発などに携わっていたという村石さん。その後青果の小売会社での勤務を経て、国際自動車(kmタクシー)には58歳のときに入社されました。

お客さまの乗車地、降車地、利用料金を、毎日記録しているという村石さん。ご自身で作成されたメモのフォーマットを見せてくださいました。タクシードライバーは業務中、基本的に一人で周りを気にせず自分のペースで仕事ができる分、怠けようと思ったら怠けることもできてしまう…しかし、「ダメ人間になりたくない」という強い気持ちを持って、自分ルールとして記録を欠かさず付けているといいます。3年間付け続けたおかげで、曜日ごとの傾向など初めて分かったことも多いんだとか。前職でも実践していた「数字を見て傾向分析」をするスキルが役立った瞬間だそうです。

業務中に情報共有をしたり、営業所で出くわしたときに話したりなどkmメンバーたちとの関わりも多いといいます。とある新入社員の方には、自身で作成した記録用紙のフォーマットを渡して記録を付けるようにアドバイスをしているんだとか。結果もどんどん出ているそうです。逆に若い人からもたくさん刺激を受けている部分もあるという村石さん。今後に期待です!

 

EPISODE 02
転職活動の厳しさ、事故の経験。 逆境を乗り越えた今、未来のタクシードライバーに伝えたいことがある。

PROFILE
佐野さん。タクシードライバー(運行管理者)。世田谷営業所所属。

元々29歳から職人として働いていた佐野さん。その業界は「15歳から職人をしている」などの若い先輩たちがいる世界で、正直なところ居心地の良さを感じられなかったといいます。その後転職して電力会社での仕事も経験しましたが、なかなか思うような仕事・環境に恵まれることなく、今度は結婚を機に心機一転。また転職活動を始めたそうですが、当時は不景気の煽りを受けてなかなか新たな職場が見付からなかったとのこと。リーマンショックの最中でした。

車の運転スキルに自信があったので運送業を7社受けたところ全て不合格。35歳での転職という年齢的なハンデ、当時の経済状況が相まって厳しい転職活動が続いたそうです。そんな時に受け入れてくれたのが国際自動車株式会社(kmタクシー)だったといいます。実はkmタクシーは私の父親が働いていた職場。親子ともども、kmメンバーになった瞬間でした。

入社してからしばらく経ったある日のこと。車の故障を伴う事故を起こしてしまったことも。その際に身を以て「交通安全の責任を一人で負う」という使命を再確認したといいます。運転スキルに自信があっても先ほど述べたような「タクシーならでは」の部分は、入社前に学ぶことは難しいと語る佐野さん。だからこそ、自身の失敗談を後輩たちに伝えて、同じような目に合わせないために自ら動いています。「タクシーの仕事は難しくないからね」とポジショントークだけをしていても意味がないという佐野さんのアドバイスで、多くの若手ドライバーが育つことを期待しています!

 

 

 

EPISODE 03
班長はなんと元探偵?!持ち前の洞察力を活かして働くドライバーに、タクシー業界への「中途入社」について聞いてみた!

PROFILE
近兼さん。タクシードライバー。三鷹営業所所属。中途入社。

元々は自営で会社を立ち上げ、「探偵」をされていたという近兼さん。当時の仕事の内容は8割方、人探しだったそうです。北海道から、沖縄まで走り回って張り込みをしていた日々でしたが、ある出来事を境に仕事が激減し転職を転職を考え始めたとのこと。土木作業・長距離トラック運転手・タクシードライバー…様々な業界を考えた中で、未経験でも採用してくれるのがタクシードライバーだったそうです。

探偵の仕事で身に付けたスキルで今も活きているのは「洞察力」。道を走っている時に、荷物を持っている人をすぐに見付けられるそうです。降りられる際には、荷物を忘れていないかチェック。服装や髪型、年齢層までチェックして、すべてを見逃さないのが探偵の仕事だとか。お客さまのパーソナリティを分析し、集めた情報を活かして仕事をするのはタクシードライバーも一緒だといいます。

中途入社(キャリア入社)をされた方は、こうして前職でのスキルを活かしている人が多いと続けます。「キャリア入社組」…言い方を選ばずに表現すれば「異端児」であるという近兼さん。自営をしていた方が事業を畳んでタクシー業界に飛び込んで来る場合は元々が自営業だから、自分の力でなんとか稼ぎを作る、とマイルールを設けているストイックな人が多いそうです。自分がどうすれば仕事を上手く回せるかを常に考える、「“良い意味で”自己中心的」な人たちはタクシードライバーにすこぶる向いているといいます。

タクシードライバーは「“良い意味で”自分勝手」にできる仕事。どのエリアで仕事をするか、いつ休憩時間を取るかなど、自分で決められるという魅力は他業界にはない魅力とのこと。各業界の「異端児」たちの中でピンと来た方はタクシー業界を視野に入れてみては?

 

 

EPISODE 04
入社16年目のベテランドライバーが語る!魅力あふれるkmタクシーは「もう、やめられない」

PROFILE
森さん。タクシードライバー。羽田営業所所属。2004年中途入社。

高校卒業後トラックのドライバーとして働いていた森さん。ある時期からトラック業界全体で給料が下がり、モチベーションが上がらない日々が続いていたといいます。思い切って始めた転職活動中、友人からタクシードライバーの仕事を紹介して貰ったのが国際自動車(kmタクシー )との出会い。得意とする車の運転がメインで、なおかつ高収入である点に惹かれて入社を決めたといいます。

kmタクシー入社後、挨拶の文化には驚いたという森さん。当時は、出勤すると必ず大きな声で「おはようございます!国際自動車の森です!本日も一日よろしくお願いいたします!」と挨拶する決まりがあったそうです。ドライバーとして経験を積み重ねていく中で、挨拶からお客さまとのコミュニケーションが生まれ、ホスピタリティにつながっていくことを実感し、あの厳しさはお客さまのためだったのか、と納得したといいます。今はその指導の方法こそ変化していますがkmタクシーが大切にしている教育の根底は変わっていないと感じているそうです。

働き方にも大満足の森さん。1週間に3度の出勤というペースが自分には合っているといいます。人によって曜日や勤務日数は違い、色々な働き方が選べるkmタクシー。「なのにお給料も高いなんて!」、とニコニコ笑う森さんの笑顔が忘れられません。

 

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /特集記事:こんな学びが生きるタクシー業界の仕事【境さんの野犬に鍛えられた精神】