2016年9月28日

【TV局ADや、ピアニストも!】意外な前職をもつタクシードライバーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外な前職をもつタクシードライバーたち

ベテランに聞く!稼げるタクシードライバーに必要な6つの要素」はご覧いただけましたでしょうか?

こちらの記事でご紹介しているように、国際自動車(㎞タクシー)株式会社にはキャリア(中途)入社で活躍しているタクシードライバーがたくさん在籍しています。それぞれの個性や経験を活かして自分らしい方法で活躍するドライバー達のバックグラウンドは、本当に様々です。そこで、今回は意外な前職をもつタクシードライバーたちをご紹介します!

元鉄道業界

PROFILE.
(写真左)金子(かねこ)さん。タクシードライバー。世田谷営業所所属。2016年5月キャリア(中途)入社。7:30出庫で17:00に帰庫する日勤。中学生のお子さんを育てるお母さん。趣味は温泉巡りで最近行ったのは宮城県の鳴子温泉。(取材日:2016年8月5日)
PROFILE.
(写真右)青島(あおしま)さん。タクシードライバー。世田谷営業所所属。2012年11月キャリア(中途)入社。14:45出庫で翌日10:45に帰庫する隔日勤務。大型二輪免許の資格を持つ。趣味は鉄道やスノーボード。アイドルのおっかけは趣味というより、ライフワーク。(取材日:2016年8月5日)

国際自動車(㎞タクシー)株式会社の女性タクシードライバー金子さんと男性タクシードライバー青島さんの写真

国際自動車(㎞タクシー)株式会社の男性タクシードライバー青島さん二人とも同じ鉄道会社の某駅で乗車券発売に関わる仕事をしていました。私は定期券や乗車券などを窓口で発券する契約社員で、金子さんは自動券売機の案内を行う派遣社員として働いていたんです。
国際自動車(㎞タクシー)株式会社の女性タクシードライバー金子さん私は先にタクシードライバーとして活躍していた青島さんの紹介で、国際自動車(㎞タクシー)株式会社に入社しました。
国際自動車(㎞タクシー)株式会社の男性タクシードライバー青島さんタクシードライバーに転職したのは、前職の契約期間が終了したことがきっかけです。最初はバスドライバーへの転職を考えていました。ただ、私は明け休み(翌日の乗務の為の休養)が欲しかったですし、努力が給与に直結する働き方が良いなと思ったのでタクシードライバーを選びました。転職後は年収が前職の1.4倍ほどに増え、明け休みを使って趣味を楽しんでいるので満足しています。
国際自動車(㎞タクシー)株式会社のタクシードライバーの給与についてはこちらをご覧ください。

金子さんと青島さんの対談インタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
鉄道業界から転職した男女2名のタクシードライバー。強みを活かして働く秘訣とは?

元SE(システムエンジニア)

PROFILE.三橋(みつはし)さん。タクシードライバー。羽田営業所所属。2010年7月キャリア(中途)入社。58歳。趣味は旅行と読書で日本史が好き。(取材日:2014年3月6日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く、元SE(システムエンジニア)の観光タクシードライバー三橋さんの写真

私は大学を卒業してからIT関係の会社で、SEとして25年間勤務していました。社内システムを担当し、小売店向けにポスシステムの開発などを行っていたんです。その後、独立してITの会社を経営しましたが、リーマンショックの不景気の為に転職を考え始めました。

当時の私は既に50代。年齢のせいで選択肢が狭くなり、思い浮かんだのがタクシードライバーという仕事でした。国際自動車(㎞タクシー)株式会社は以前からよく利用していて、ドライバーさん達の感じが良かったですし、車も綺麗だった覚えがあったので入社しました。

実際、タクシードライバーに転職して良かったと思っています。前職時代と比較して、自由に使える時間も増えました。タクシードライバーは勤務形態によっては月の出勤日数も少なく、残業もありません。私も休みの日は家族と都内をドライブして楽しんでいます。

また、同僚との人間関係に悩むことが無いというのもこの仕事の特徴かもしれません。乗務中は1人で仕事が出来ますし、営業所に戻れば仲間や先輩方もいます。タクシードライバーという職業は個人プレーとチームプレーのバランスが良い仕事だと思います。

営業所の雰囲気も良く、一昨年入社したような新人さんとも飲みに行ったりします。仲良くしている5,6人のドライバーがいますが、年齢も30代から50代と幅広い年齢層が集まることでとても刺激になって楽しいです。

三橋さんのインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
新卒でも中途入社でも稼げる秘訣は、タクシードライバー仲間の情報共有。稼げるノウハウを共有し、皆で勝つのが国際自動車のやり方。

元医療事務

PROFILE.
影山(かげやま)さん。タクシードライバー。吉祥寺営業所1課1班所属。2014年2月キャリア(中途)入社。前職では医療事務をしていた。42歳。趣味はグルメで、休日は奥さまと街を散歩したり、美味しいものを食べに出かけて楽しむ。(取材日:2014年10月31日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く、元医療事務のタクシードライバー影山さんの写真

前職は、医療事務として働いておりました。4,5年ほど勤めたのですが、給料が自分の理想とする金額に満たなかったため転職を検討するようになりました。
前職は救命センターに勤務しておりましたので、昼間ではなく、夕方からの勤務でした。タクシードライバーと勤務時間が非常に似ていたんです。『生活リズムを変えずに仕事できそうだな』と思ったのがこの仕事に興味を持ったきっかけです。更にタクシードライバーは歩合制だと聞いていたので、『自分の努力次第で稼げるかな』と考え、タクシードライバーを検討するようになりました。

正直この歳で転職活動って、すごく勇気がいると思うんです。キャリアを求められたり、資格を所有していることを求められたり。自分は手に職を持っているわけでもありませんでした。
ですが、タクシードライバーになるにあたっては、キャリアも資格も必要なかったんです。普通自動車第二種免許も、きちんと教習所に通って勉強すれば取得することができ、特別なスキルっていらないじゃないですか。なのに、頑張れば頑張るほど評価してもらえるという環境がある。それこそ、実力主義なので歳も関係ないですしね。そう考えると、努力次第で誰でも活躍する事の出来る、とても可能性のある仕事だなと思ったんです。

影山さんのインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
タクシードライバーは、キャリアも資格も関係なく、努力次第で誰でも活躍する事の出来るとても可能性のある仕事

元建築士

PROFILE.
藤々木(とどき)さん。タクシードライバー。吉祥寺営業所1班所属。2002年4月キャリア(中途)入社。前職は建築士をしていた。48歳。組合の支部長も務めている。趣味はギターで、好きなアーティストはラリー・カールトン。(取材日:2014年10月31日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く、元建築士のタクシードライバー影山さんの写真

前職は建築士として、アトリエで住宅などの設計をしていました。設計して、建物を建てるにあたっての管理などを10年程していたのですが、景気が傾いてきて、事務所の経営が厳しくなってしまったので、ここで一区切りしようとなったんですよ。
そこで、次の仕事を探すにあたって、これまでの仕事を振り返りました。とても楽しく働いておりましたが、机にかじりついて1日中家の中に居て作業をするという仕事をしてきたものですから、ちょっと1回気分を変えて、外に出て仕事をしてみようと思ったんです。そんな時に丁度国際自動車(㎞タクシー)株式会社の求人を見つけて、『ちょっとやってみようかな』程度のつもりで応募しました。そんな気持ちで始めたタクシードライバーですが、いつの間にか夢中になり、気づけば12年経っていました、という感じです(笑)

藤々木さんのインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
机にかじりついて図面を書いていた生活から、タクシードライバーへ。初めての接客に苦労するも、いつの間にか夢中になり、気づけば12年経っていました(笑)

ピアニスト

PROFILE.
白石(しらいし)さん。タクシードライバー。三鷹営業所1課1班所属。2008年2月キャリア(中途)入社。三鷹軽音同好会の会長。趣味はエッセイや詩などを書くこと。(取材日:2016年5月16日)

国際自動車(㎞タクシー)株式会社のタクシードライバー白石さんのジョイントパーティーピアノ演奏の様子

私は、高校生の頃からピアノでお金を稼いでいました。郷ひろみや野口五郎、山口百恵などの流行歌が好きだったので、歌謡曲のバックバンドでピアノを弾いたり、スタジオミュージシャンや作曲もしたりしていました。

ですが、ピアニストって何の保証もないんですよ。手を怪我したら一発で終わり。私は「不安定な日雇い労働者」なんだなあと思ったんですよね。私は50歳になるまでには家を持ちたかったのですが、音楽関係の仕事をしていた時にローンを組もうとしたところ、土壇場になって審査に落ちてしまったことがありました。「どこかの会社に籍があれば大丈夫だったんですけど・・・」と不動産の方に言われたのが忘れられなかったんです。私は47歳で国際自動車(㎞タクシー)株式会社に入社したのですが、驚くことに1年半でマンションを買うことができました。

こんな話をすると、「タクシードライバーとしての仕事はあまり楽しんでいないのでは?」と思われるかもしれません。ですが、私は仕事もとても楽しんでいます。プライベート(ピアノ)との両立ができる点が、タクシードライバーという職業の素晴らしいところのひとつだと思います。

私は日勤で働いているので、帰宅が18時頃です。そこから1時間は毎日必ずピアノを弾いています。長い時は4時間や5時間など気づいたら時間が経っていますね。1日弾かないと3日くらい技術が後退する世界ですので、もう練習が習慣になっていて私にとってはお風呂入る感覚なんです。毎日ピアノを触れない方が辛いので、タクシードライバーという残業がない働き方にはとても助けられています。

白石さんのインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
三鷹軽音楽同好会の会長兼ピアニストのタクシードライバーにインタビュー「お客さまをキュンとさせたいんです」

元自衛隊

PROFILE.
田宮(たみや)さん。タクシードライバー。練馬営業所1課2班所属。2011年4月キャリア(中途)入社。前職は自衛隊。2人の子どもをもつお父さん。趣味は育児とチューバの演奏。奥さんと一緒に吹奏楽団に入っている。(取材:2015年10月14日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く元自衛隊のタクシードライバー班長田宮さんの写真

地対艦ミサイル連隊本部管理中隊通信小隊。
これが私が国際自動車(㎞タクシー)株式会社のタクシードライバーになる以前に所属していた部隊です。私は6年半ほど陸上自衛隊に勤務していました。

国際自動車(㎞タクシー)株式会社を知ったきっかけは若年隊員向けの企業説明会です。入社して約4年が経ち、現在は班長をやらせて頂いています。実際の乗務を体験して言えるのは、タクシードライバーは元自衛官という経歴を活かして活躍出来る職業だということです。

理由は色々ありますが、1番大きいのはコミュニケーション能力の高さです。自衛隊は階級社会で先輩の言うことは絶対という環境です。厳しい上下関係の中で先輩や後輩と仲良くなるのは難しく、自衛官は日々の生活の中で自然と集団でどう振る舞うべきか身に付けています。また、寮で生活している人も多いので協調性も一般の方より養われていると思います。

タクシードライバーに求められているスキルは高い運転技術だけではありません。こういったコミュニケーション能力や協調性が特に新人のうちは重要です。私自身も新人の頃は道を間違えたりしてしまったことがありましたが、得意の話術のおかげで笑って許して頂けたり、チップまで頂けることもありました。

コツはお客さまのお話を引き出すことです。タクシーに乗るとまずは経路確認をします。お客さまの中にはその後に何気なく「はあ、疲れた」とボソッと呟く方がいらっしゃいますが、私は絶対にその一言を聞き逃さないようにしております。「お疲れ様です。何かございましたか?」と必ず聞きます。すると自衛官時代に培ったトーク力も相まってスルスルとお話を引き出すことが出来るんです。

田宮さんのインタビュー記事は、以下からご覧いただけます。
自衛隊から転職して年収100万円アップ!元自衛官に国国際自動車(㎞タクシー)株式会社のタクシードライバーがおすすめな理由とは?

元音楽プロデューサー

PROFILE.
石村(いしむら)さん。タクシードライバー。吉祥寺営業所所属。大手レコード会社や芸能事務所へ勤めた後、平成26年キャリア(中途)入社。元プロデューサーという経歴からか、大物オーラが漂う。56歳。趣味は音楽と映画鑑賞。(取材:2014年10月10日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く、元大手レコード会社や芸能事務所で音楽プロデューサーを務めていたタクシードライバー石村さんの写真

20年以上音楽プロデューサーとして携わってきた芸能業界から離れようと思ったのは、正直なところ、最近の音楽に魅力を感じなくなってしまった事がきっかけでした。音楽業界の未来や、今後の社会の流れを考える中で、「別の道へ進みたい」という感情が生まれ、転職という選択をしました。
転職を考えた時に、せっかくなのでこれまでとは まるっきり違う職種に就いてみたいという興味がわき、候補にあがったのがタクシードライバーです。

56歳になって転職となると、やはり年齢は気になりましたね。年下の上司から仕事を教わるのは、どうしても抵抗があります。それに、長く続けられるという面で見ても、タクシードライバーの定年は65歳。国際自動車(㎞タクシー)株式会社でも、最高齢のドライバーさんに78歳の方がいらっしゃるそうで。長期的に働ける会社というのは魅力的でした。収入に関しては、出来るだけ前職での収入と同じくらい稼ぎたいと考えました。年収600~700万くらいは欲しいという希望も満たしていたのがタクシードライバー。これはもちろん自分の頑張り次第なので、様々な工夫や日々の勉強と経験の積み重ねが本当に大切です。

石村さんのインタビュー記事は、こちらからご覧いただけます。
年収700万も夢じゃない。入社1年目でも、工夫次第で高収入を目指せる仕組みがここにある。

元東京ディズニーランドのキャスト

PROFILE.
佐藤(さとう)さん。 タクシードライバー。台東営業所所属。2013年5月キャリア(中途)入社。前職はディズニーランドでキャストをしていた。趣味はスノーボード。42歳。(取材日:2015年5月21日)
国際自動車(㎞タクシー)株式会社で働く元東京ディズニーランドのキャストの女性タクシードライバー佐藤さんの写真

私は、タクシードライバーになる前は東京ディズニーランドで働いておりました。ディズニーランドで働いていたと話すと、よく「研修ってどんな感じだったの?」と聞かれるんですけど、私は国際自動車(㎞タクシー)株式会社も引けを取らないくらい素晴らしい研修だと思っています。入社後の研修の他に、配属されてからも定期的に研修があります。それも、研修の教官ではなく、現場のベテランドライバーが研修を行っています。
実はディズニーランドも同じです。実はそんなに特別なことではなく、当たり前のことを研修で教わり、実践しているだけなんですよね。

月に一回班会議があるんですけど、その時課長が「ディズニーランドのおもてなし」みたいな本からキャストとゲストの良い話を抜粋して話すことがあるんですよ。
でも、私はドライバーさんにだって良い話があるのにって思うんです。お客さまからのお手紙が会社に届くのをみんなにシェアするとか、ドライバーさんから聞いたほっこりした話とか、そういうのをもっと聞いて、ドライバーさん自身もお客さまに対してそういうサービスをしている人がいるんだってことを認識することが大事だと思います。
なので、ぜひ他社の事例ではなく自社の経験を話してほしいですね。

石村さんのインタビュー記事は、こちらからご覧いただけます。
スノボだけは続けたい!タクシードライバーは趣味を大事にしつつ、うまく仕事と両立できる

経験や個性を活かして自分らしく活躍するタクシードライバーたち

「意外な前職をもつタクシードライバーまとめ」、いかがでしたでしょうか?

それぞれの経験を活かして活躍している個性豊かな国際自動車(㎞タクシー)株式会社のタクシードライバーたちを見ていると、「個々人の強みを最大限に活かせる環境である」ということが国際自動車(㎞タクシー)株式会社の魅力の一つなのだなと感じます。

「自分らしく働きたい」
「私も自分の経験を活かして仕事をしたい」
と考えている方は、ぜひ一度話を聞きにいらしてくださいね!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /30歳を目前にタクシードライバーへ転職した私が女性にこそオススメしたい理由
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。