2017年2月21日

元自動車教習所の教官が感動した、国際自動車(kmタクシー)の教育とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
森山(もりやま)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社板橋営業所所属。班長。2015年3月20日キャリア(中途)入社。前職は自動車教習所で教官をしていた。車が好きで、休日はドライブをしている。愛車はマツダのロードスター。(取材日:2017年1月13日)

今回お話を伺うのは、板橋営業所で班長を務められている森山さんです!

班長になったのは2016年11月18日からなので、班長としては2ヶ月目(2017年1月取材当時)とまだ日が浅いんですけどね。よろしくお願いします。

タクシードライバーとして入社されたのはいつですか?

2015年の3月に入社しました。

なぜタクシードライバーに転職されたんですか?

前職は、自動車教習所で働いていました。自動車教習所は少子化の影響もあり年々経営が苦しくなっていて、転職を検討するようになりました。

私は普通自動車第二種免許の指導をしていたので、タクシー会社の方も生徒さんにたくさんいらっしゃったのですが、若いドライバーが増えてきて「若いタクシードライバーがこんなにいるなんて、タクシー業界って盛り上がってるんだな」と興味が湧いたことがきっかけです。

男性の同僚と二人で笑顔で立っている、国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんの写真

教官だったんですね!タクシー業界の中でも、国際自動車(kmタクシー)を選んだのはどうしてですか?

教官時代に「国際自動車(kmタクシー)の教育ってすごいな!」と感じる場面がたくさんあったからです。

具体的にどんな場面で「国際自動車(kmタクシー)の教育はすごい」と感じたのでしょうか?

ある日授業をはじめようと教室に入ったら元気よく「起立!礼!着席!」って号令をかけてくれた生徒さんがいたんですよ。その生徒さんが国際自動車(kmタクシー)のドライバーだったんですよね。教官であるこちらがびっくりしてしまうくらい(笑)礼儀正しい態度に「国際自動車(kmタクシー)は違うな」と感動したのを覚えております。

ソファに腰掛け、笑顔で話をしている、国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんの写真

国際自動車(kmタクシー)のタクシードライバーはしっかりしていたんですね。

はい。結構他のタクシードライバーさんは楽な格好で教習を受けにくる人が多かったのですが、国際自動車(kmタクシー)のタクシードライバー達は夏でも毎回きちっと制服を着て、革靴を履いてきていましたね。

あとは、教習所時代営業もやっていたのですが、「できるだけ早く免許を取らせてやってくれないか」と仰るタクシー会社の担当者が多い中、国際自動車(kmタクシー)は「時間がかかってもいいので、安全運転ができるようになるまでご指導お願いします」と言っていたんですよ。

教える仕事をしていましたから、次に働く会社も教育を大切にしている会社がいいなと思っていたので、社員を想って教育を大切にされている国際自動車(kmタクシー)に入社を決めました。なので、国際自動車(kmタクシー)の選考に落ちたらタクシードライバーは諦めようと思っていたくらいです。

国際自動車(kmタクシー)一択だったんですね!実際にタクシードライバーをやられてみていかがですか?

楽しいです!お客さまもみなさん優しい方ばかりですよ。道はほとんどお客さまに教えていただきましたね。毎回老若男女いろんな立場の方とお会いすることができて、每日とても楽しいです。

国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんが笑顔で運転している写真

お客さまとのコミュニケーションをとても楽しまれているんですね。印象的なお客さまはいらっしゃいますか?

たくさんいるので難しいですね〜。でも、「今日親父に海を見せたいんだ」とご乗車いただいたお客さまは今でも覚えています。お父さまは足が悪かったので、バリアフリー対応されていて海が一望できる海ほたるへ向かいました。到着すると、「運転手さん、どれくらい休憩したい?帰りも運転手さんのタクシーで帰りたいからさ!」と仰ってくださり、1時間後にまた待ち合わせをしてご自宅までお送りさせていただきました。

帰り際、お父さまが「今日は海が見れて本当に楽しかった。ありがとう」と仰ってくださり、息子さんもまた「こんなに柔軟に対応してくれたタクシードライバーはあなたが初めてです。どうもありがとうございました」と仰ってくださいました。乗務をはじめて1ヶ月くらいの出来事でしたが、とても嬉しくて今でもよく覚えております。

それは嬉しいですね〜!

自由が丘から伊豆長岡までお送りしたこともありましたよ。はじめは「渋谷まで」と言われていたのですが、「今日はもう遅いから渋谷で一泊して帰るつもりだったんだけど、運転手さんと話すの楽しいからこのまま静岡まで帰るわ」と仰ってくださったんです。

自由が丘から伊豆長岡までですか!?

140㎞ありましたからね。生い立ちから人生観までいろいろお話してくださいました(笑)。途中パーキングエリアで休憩したときに、「助手席座っていい?」と言われ、「お客さま、助手席は狭いので、後部座席でおくつろぎください」と申し上げたのですが「うしろだと話しづらいから」と、おじさん2人で静岡まで楽しい時間を過ごさせていただきました(笑)。

タクシーの横に笑顔で立っている、国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんの写真

すごいですね〜、お客さまが「森山さんのタクシーにもっと乗っていたい」と感じるのは森山さんの接客が素晴らしいからだと思うのですが、何か心がけていることはあるんですか?

マニュアル通りのご挨拶の他に、お客さまに合わせてもう一言声をかけるようにしています。マニュアル通りのご挨拶だけなんてつまらないじゃないですか。ご高齢の方でしたら乗り降りの際に「ゆっくりで大丈夫ですよ」とお声がけしたり、「寒かった〜」と乗った瞬間に仰った方には「今日は寒いですね」と声をかけたり、しっかりと目を見て、コミュニケーションを取ることを大切にしております。こちらから一言お声がけするだけで、そのあとの車内の空気が全然変わるんですよ。

森山さんは、お客さまが話しやすい空気作りがお上手なんですね。

上手なのかどうかは分かりませんが、入社してからクレームが今まで1件もないのは、こういったお客さまとのコミュニケーションの質を大切にしていることも影響しているんじゃないかなと思います。

すごいですね!なぜお客さまとのコミュニケーションを大切にされているんでしょうか?

やっぱり、せっかくご乗車いただいたのですから気持ちいい時間を過ごしていただきたいんですよね。なので、お釣りもすべてピン札でお渡しできるように用意しております。

すべてピン札ですか!?

私は旅行が好きなのですが、よく利用するホテルがいつもお釣りが絶対にピン札なんですよ。些細なことですが、やっぱり気持ちいいじゃないですか。逆に、ぐちゃっとしたお札をお釣りでもらうと少し残念な気持ちになりますよね。価値としてはどちらも同じなんですが、やっぱりそういう部分にも配慮できるかどうかがホスピタリティだと思うんですよね。

タクシーの運転席に座り笑顔で後ろを振り向いている、国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんの写真

すごいですね〜!教官をされていらっしゃったので、運転もお得意ですよね。

乗務が終わると毎回「運転記録」というものが出てくるのですが、毎回オールAをキープしています。点数が100点じゃないと、仲間たちから「なんで今日は100点じゃないの?」と聞かれるくらいです(笑)。

さすがですね!森山さんは2016年11月から班長を務められていますが、運転の指導にも熱が入りそうですね!

そうですね。新人ドライバーには変な癖のない運転を、ベテランドライバーには後輩から「さすがベテランだな」って思ってもらえるような運転をしてもらえるように指導していきたいと思っております。営業所内の運転は「道路じゃない」とか「乗務が終わった」という安心感から少し雑だったり危ない運転になってしまうこともあるので、営業所内でも安全な運転を心がけてもらえるよう呼びかけていきたいです。とはいえ、班長としてはまだまだ新人なので、まずはみんなの足を引っ張らないように早く仕事を覚えられるよう頑張りたいと思います。

最後に、今後の目標がありましたら教えてください!

やはり私は教育に携わる仕事が好きだなと感じているのと、国際自動車(kmタクシー)の教育に感動して入社したので、将来的には赤坂にあるkmグループ赤坂ホスピタリティカレッジ(人財研修課)のコーチとして若いドライバー達を育てていく立場になれたらいいなと思っております。そして、国際自動車(kmタクシー)の素晴らしい教育面をさらに伸ばしていけるような存在になっていきたいですね。そのためにも、まずは板橋営業所の班長として若手ドライバーの育成やベテランドライバーのサポートを頑張りたいと思います!

森山さん、本日はありがとうございました!応援しております!

国際自動車株式会社(城北)の長谷川社長と国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーを務めている元教官の森山さんの笑顔のツーショット写真

国際自動車株式会社(城北)の長谷川社長との1枚。「長谷川社長はすごくドライバーとフランクに接してくれる、すごい人望の厚い人なんです。今日も『社長、お腹すきました!』って言ったら食事に連れてきてくれました(笑)」と森山さん。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /中国人が日本でタクシードライバーになって驚いたこととは?
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。