2014年7月28日

30代で転職「タクシーは仕事とプライベートが両立できる仕事」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
谷口(たにぐち)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2011年3月キャリア(中途)入社。前職は飲食店とホテルで接客に従事。趣味は吉祥寺周辺での食べ歩き。(取材日:2014年7月28日)

谷口さんはこれまで接客業をされてきたとお聞きしましたが、そもそもなぜ接客業を選ばれていたのでしょうか。

学生時代は、製菓パンの工場で長くアルバイトをしていたんです。ずっとモノ相手の仕事をしているうちに、就職する際には人相手の仕事がしたいと思っていました。そして、就職活動のなかで縁があった外食チェーンに就職することになりました。

ただ、そこで働いているうちに、プライベートの時間がほとんど持てないことが辛くなっていきました。午前3時、4時に仕事を終え、店舗あるいはインターネットカフェで始発を待つ日々。自宅に帰れない日も多く、収入はあっても人間らしい生活ができなくて、長くは続けられない仕事だと思っていました。だから、休みがしっかりあって、お客さまに「おもてなし」という付加価値で喜んでもらえる国際自動車(kmタクシー)の仕事にとても惹かれたんです。

国際自動車(kmタクシー)に転職する際に、不安視されていたことはありますか。

不安は沢山ありましたよ。一番は長時間勤務だったのですが、これはすぐに慣れました。残りは都内の地理と運転技術が心配でしたね。そして、タクシーではどのような接客をするのか不安でした。タクシーは個人で動くため、他のタクシードライバーの働き方が分かりません。自分で考えて試行錯誤しながら不安点を払拭していきました。

国際自動車(㎞タクシー)のタクシードライバー谷口さんの写真

自分で試行錯誤して、というのは具体的にどのように向き合われたのでしょうか。

まず地理に関しては、ひとつひとつの交差点名、建物名、印象に残っている場所をGoogleマップで見直していました。1年経った頃には、ようやく道を覚えてきたなと感じるようになりました。

運転技術については、自動車を運転することが好きだったので、班長や課長に迷惑をかけながらも、現在はだいぶ慣れてきたなと感じますね。接客に関しては、自分なりに考えてやってみて、お客さまから返事が返ってこない場合は、伝え方を変えてみたりと改善していきました。

そうやって、お客さまの気持ちを想像しながら接客するのは楽しかったですし、社内でお客さまから経路確認が丁寧だったとお褒めの言葉が綴られた感謝状をいただいた時はとても嬉しかったですね。

国際自動車(㎞タクシー)のタクシードライバー谷口さんの正面写真

地道な努力でどんどんスキルアップされていかれたんですね。改めて、国際自動車(kmタクシー)の魅力とはどのような点にあるとお考えでしょうか。

前職と比較すると、プライベートがあるところが何より魅力ですね。タクシードライバーは稼ぎながら、自分の時間を持つことができます。せわしなく毎日が過ぎるというよりも、丁寧に時間が過ごせるんですよね。それに吉祥寺は小さい頃からなじみのある場所なので、職場として通えるのは嬉しいです。休日も本を読んだり、吉祥寺で気ままに歩いて雑貨屋などに行ってみたり、末広通りにある真風(まじ)という行きつけのラーメン屋に行ったりと、以前よりもはるかに充実した毎日を送れています。

国際自動車(㎞タクシー)のタクシードライバー谷口さんの立っている写真

職場の土地柄に愛着があるって良いですね。

そうですね。ただ、1番の魅力は、営業所のあたたかく人間味ある雰囲気だと思っています。皆さん話しかけたことには必ず対応してくださいますし、冗談も飛ばしてくれる班長や部長、50代、60代の先輩ドライバーの方々と接するとホッと安心します。
これからも、この職場環境に感謝しながら、お客さまに満足していただけるタクシードライバーを目指していきたいです。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /業界変革が進む今だからこそ!タクシードライバーとして働くうえで大切なたった1つのこと
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。