2018年7月23日

女子大生たちは何故タクシードライバーに?新卒4名に就活から入社後の苦労体験、仕事のやりがいを聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
(写真左1)島田さん。職員。国際自動車(kmタクシー)株式会社台東営業所所属。2017年4月新卒入社。営業所の卓球部に所属。
PROFILE.
(写真左2)三橋さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社台東営業所所属。日勤。2017年4月新卒入社。趣味は茶道。
PROFILE.
(写真右1)小笠原さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社台東営業所所属。日勤。2017年4月新卒入社。趣味は読書、小説、漫画、音楽、人間観察。
PROFILE.
(写真右2)春日部さん。タクシードライバー国際自動車(kmタクシー)株式会社台東営業所所属。日勤。2017年4月新卒入社。パン作り、バレーボール、ジャニーズ(嵐)が好き。

今回は2017年4月に入社した3名の女性タクシードライバーと営業所職員にインタビューしました。なぜ国際自動車(kmタクシー)に入社したのか?仕事のやりがいは何か?女性がタクシードライバーになるメリットなど気になることをたくさん語っていただきました。(取材日:2018年5月29日)

女子大生たちは何故タクシードライバーに?

みなさんが国際自動車(kmタクシー)に入社に至った経緯を教えてください。

私は人と関わる仕事がしたくて営業や販売職を中心に就職活動を行なっていました。その中で「究極の接客業」とうたう国際自動車(kmタクシー)を知ったんです。国際自動車(kmタクシー)の選考って凄くフランクなんです。他の企業では自分を良く見せるための発言をしていましたが、国際自動車(kmタクシー)では素の自分をさらけ出せたんですよね。その方が入社後に悪いギャップが無いだろうと思って入社を決めました。
私も春日部と同じく人と関わる仕事、特に接客業をしたかったんです。接客業の会社は多いですが、その大多数が入社数年後に事務や人事に異動というキャリアプランが見えていました。でも、私はずっと現場で人と関わり続けたかったんです。タクシードライバーは希望すれば現場にい続けることができるので、入社を考えました。
国際自動車(kmタクシー)は大学で行われた合同説明会で知りました。女性社員がいたので「内勤の人かな?」と思っていたら、現役ドライバーだったんです。「タクシードライバーって女性でもできるんだ」と思って興味を持ちました。他企業が良いところしか言わない中で、国際自動車(kmタクシー)は改善すべきところも真摯に説明してくれたので、信用できると思いました。運転も好きでしたし。
私の場合は、家族の勧めがきっかけです。実は父親が国際自動車(kmタクシー)板橋営業所のタクシードライバーで。父親が勧める会社だったら間違いが無いかなと信頼できたんです。

二大不安の「運転」と「接客」はどう克服した?

入社前に心配だったことなどはありますか?

東京の道を走ることですね。地元の田舎道しか走ったことがなかったので。あとは怖い人が乗ってこないかなとか。
私は接客が心配でした。車の中で一対一で接客なんて、もちろんやったことがありません。自分にできるかな?と思っていました。
私が心配していたというより、両親が心配していました。お客さまの命を預かって運転する仕事なので事故が不安だったみたいです。実は今でも両親はタクシードライバーになったことを良くは思っていないんです。まあ、でも私が自分で選んだことなので良いんですけど(笑)

なるほど。大別すると「運転」と「接客」が心配だったということですが、それらはどうやって解消したのでしょう?

研修のおかげです。連日ずっと車に乗って、「運転する→弱点を指摘してもらう→アドバイスを参考に練習する」を繰り返していました。営業所配属時には不安が殆ど解消されたくらい研修が手厚かったので良かったです。
研修は配属後も定期的に開催されます。例えば、入社1年目が全員参加した「ドライビングアップ研修」も役に立ちました。多摩のコースで急ブレーキ体験を色々なパターンで行うんです。
「ドライビングアップ研修」では、お客さまがシートベルトをしている場合、していない場合、酔客が後部座席で寝ている場合など様々なケースを想定して運転しました。自分が運転手役と後部座席のお客さま役をやることで、急ブレーキを踏むとどんな危険があるのかを体感することができて勉強になりました。
研修もそうですけど、実際に乗務経験をたくさん積むことで安全運転が身につくと思います。家族で車に乗る時は父親が運転担当だったのですが、今では私が運転した方が安心だと母親が喜んでいます(笑)

女性タクシードライバーは需要が高い?

接客についてはいかがですか?

お客さまが思った以上に優しかったです。道を1から10まで丁寧に教えてくれたり、「女性のドライバーさんって珍しいね。どうして?」と話しかけてくれたり。正直なところ、女性タクシードライバーには皆さん優しくしてくださると思います(笑)
それはありますね。私は道を覚えるのがすごく苦手なんですけど、それでも営業ができているのはお客さまが教えてくださるからです。女性の方が優しく教えてもらう確率は高いんじゃないかな。
以前お送りしたお客さまは「初めて若い女性ドライバーを見たから感動した」と仰っていました(笑)深夜の道や、自宅までお送りする場合は特に女性のお客さまから「女性で良かった!」と言ってもらえます。女性が少ない業界ですが、女性の需要はとても高いと思います。

接客での苦労はどう乗り越えた?

というと、皆さんは接客で苦労したことなどあまり無かったのでしょうか?

いえ、正直なところ私はけっこう苦労しました。乗務を始めて数日でクレームをいただいてしまったんです。慣れない裏道だったのでゆっくり走りすぎて「このドライバーさん大丈夫?」とお客さまを不安にさせてしまって・・・。営業所の班長から「運転を見たいから一回研修に戻ろう?」と言われ、数日研修を行いました。

再教育があるのはとても安心ですね。

そうですね。おかげさまで不安なところを復習することができましたし、特に問題も無かったので再び営業所で乗務をすることになりました。すると、またクレームになってしまったんです。

え!

Uターン禁止のところで、お客さまに「Uターンして」と指示されてしまい、少しまごついてしまったんです。すると「なんで道がわからないの?」「なんで新人なのにベテランと同じ金額を払わないといけないの?」とその場で営業所に電話をかけてクレームになってしまったんです。

その後どうなったのでしょう?

営業所に連絡しました。すると、電話の向こうから「大丈夫か?」と心配した声が聞こえてきて・・・。その瞬間に大泣きしてしまいました。「大丈夫だから、帰っておいで?」と言ってもらって。
小笠原はその時かなり落ち込んでいた様子だったので、先輩や上司が凄く気にかけていました。
営業所に戻ったら「こっちおいで!」「大丈夫だったか?」「何があった?」と話しかけてくれて、更に泣きたくなりました。仕事なので苦労することはあると思いますけど、どうせ苦労するなら優しい人たちがいる環境の方が頑張れます。その時は「会社に守られてるなあ」と強く感じましたね。
私は事務なので内勤の班長たちとよく話すんですけど、みんなドライバーたちを深く思っているのが伝わってきます。営業所全体でフォローしている感じですね。

営業所はどんな雰囲気?

営業所の雰囲気がとても良いんですね。

入社前は予想もしていなかったんですけど、本当に営業所はビックリするほど明るいんですよ。先輩たちがグイグイくるので(笑)
こんなに家族っぽい雰囲気だとは思わなかったです。「お前は娘だからな」と言ってくれたり、お菓子をたくさん貰えたり(笑)
新卒みんなで一緒にいると娘と接するようによく話しかけてくれます。「1人にさせないぞ!」という雰囲気がすごいありますね。1人になりたい時はちょっと大変かも(笑)1聞けば10で返ってきますし、営業エリアについても詳しく教えてくれます。
さっき話した通り、私がクレームをもらった時は凄く落ち込んでいたんですけど、表面上は笑って明るく振舞っていたんです。すると班長が「笑っているけど、本当に大丈夫か?」と聞いてくれました。思わず「・・・無理です」と答えたら「よし、じゃあ今日は一緒に乗ろうか!」と忙しいのに添乗してくれたんです。

それは優しいですね!

班長たちが支えてくださっているので楽しく続けることができていると思います。本当に感謝です。
春日部 班長や先輩たちの他に、同期の存在もかなり大きいです。私は以前営業所に行くのが嫌になるほど落ち込む時期があったんです。仕事を辞めようかとも思ったんですけど、小笠原や三橋が非番の日にも関わらず営業所に来てくれたりして。仕事の無い日なのに茨城の実家からわざわざ。本当に有り難かったです。
小笠原お互い助け合ってますね。へこんだら一緒にご飯に行きますし、プライベートでも遊ぶくらい仲良しです。

素敵な関係ですね。

仕事のやりがいとは?

皆さんはどんな時に仕事のやりがいを感じますか?

小笠原私はお客さまとの会話が楽しいです。タクシーって主婦やおじいちゃん、おばあちゃん、サラリーマンや経営者など本当に色々な人が利用するので、業界の裏話とか社会人としての心得まで教えてもらえたりするんです(笑)
三橋確かに会話は楽しいですね。私はアニメや漫画が好きなんですけど、以前お送りしたお客さまとは趣味が同じで、意気投合して1時間近く話しっぱなしでした。

単に目的地まで送り届けるだけではなく、コミュニケーションも仕事の一部なんですね。

三橋 コミュニケーションは本当に大事です。最初の挨拶を明るくすれば印象がかなり良い状態からスタートできますし、たとえ道が渋滞してお客さまがイライラしてしまっても会話でまぎらわしやすくなるんです。時には乗った瞬間から機嫌の悪いお客さまもいらっしゃるので、「ため息が多いですが、何かあったんですか?」と聞くこともあります。打ち明けてお話ししてくださる方がけっこう多いんですよ。会話が国際自動車(kmタクシー)をリピートするきっかけになれば良いなと思ってます。

素敵な心がけですね。

小笠原苦労エピソードを話してしまったので「お客さんって怖い人が多いの?」と思ってしまった方もいるかもしれないのですが、9割のお客さまは優しいですよ!きちんとした接客と運転技術があればお叱りを受ける回数はグッと減ると思います。
「ありがとう」と言ってもらえることの方が多いよね。感謝の言葉はとてもやりがいに繋がります。私は以前ジョブトレという社内インターンシップ制度を利用し、採用課(人事)で新卒採用に携わっていたことがあるんですけど、その時も感謝の言葉がどれだけ励みになるかを話しました。降車時に掛けられる何気ない一言で、「また頑張ろう!」と思えるんです。
三橋 確かに「ありがとう」という言葉をお客さまからダイレクトにもらえることはタクシードライバーの嬉しい特徴かもしれません。

仕事の目標は?

では最後に、皆さんの目標を教えていただけますか?

小笠原運転スキルをもっと向上させたいです。現場で活躍し続けるドライバーになるためには高い運転スキルは必須だと思うので。
島田私は皆に頼ってもらえる事務になりたいです。事務は何でも屋さんみたいなポジションなので、頼り甲斐のある人になりたいです。

春日部さん、三橋さんはいかがですか?

春日部 当たり前ですが、安全運転はいつも心がけています。お客さまの命をお預かりする仕事なので。乗り心地も良いように、アクセルワークやブレーキングも丁寧に行うようにしています。「春日部さんのタクシーにまた乗りたい」と思ってもらえるタクシードライバーになれるよう頑張ります。
三橋もうちょっと道を覚えたいですね。地理がすごく苦手で、お客さまに教えていただきながら運転していたんですけど、自分の力でもっと対応できるようになりたいです。

ありがとうございました!今後も頑張ってくださいね!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /自衛隊で学んだ先回りする思考はタクシードライバーになってから役に立つ!?
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。