2015年11月2日

就活生必見。新卒ドライバー座談会【就活編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
(写真1番左)斉藤(さいとう)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2014年4月新卒入社。早稲田大学卒業。
PROFILE.
(写真左から2番目)鈴木(すずき)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2014年4月新卒入社。趣味は野球、ボウリング、映画、相撲観戦、大日本プロレス観戦。
PROFILE.
(写真右から2番目)石原(いしはら)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2014年4月新卒入社。趣味は買い物、スノーボード、スキー。
PROFILE.
(写真1番右)栗田(くりた)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社吉祥寺営業所所属。隔日勤務。2014年4月新卒入社。学生時代は教育を学ぶ。趣味は体を動かすこと。埼玉大学卒業。

国際自動車kmタクシーの新卒4名の座談会

国際自動車(kmタクシー)は、「タクシー業界をより良くしていきたい」という想いの実現のために、若い力に期待して業界初となる新卒採用に挑戦しています。当初の入社人数は数十名でしたが、今では100名以上の学生が国際自動車を選んで入社しています。そこで今回は、2014年に入社した新卒ドライバーの先輩4名に国際自動車について本音で語り合っていただきました!業界ではまだ数少ない新卒ドライバーとして、成長していこうと決めた理由はなんだったのでしょうか?本音に迫ります!(取材:2015年10月13日)

新卒タクシードライバーの気になる就活生時代

みなさん、本日はよろしくお願いします!早速ですが、就職活動はやはりタクシー業界を中心に見ていたんですか?

(鈴木)私は小説家になりたかったので、最初は出版業界で探していました。あとは不動産業界も受けましたね。
(石原)私も不動産を中心に見ていました!
(栗田)私は、業界問わずいろんな企業を見ていました。テレビ局や飲食業など合わせて3つの内定を頂いていました。
(斎藤)私も業界は特に限定していませんでした。
 

え?では、はじめからタクシードライバーを検討されていたわけではなく、全然違う業界を見ていたり、特に業界を限定せずに就職活動されていたんですね。国際自動車(kmタクシー)と出会ったきっかけは何だったのですか?

(鈴木)私の場合は、就活サイトのダイレクトメールでした。メールに、「給与補償制度あり/月の勤務日数は11〜13日」と書いてあって、「なんだこれ?自分の時間がきちんと取れて、しっかり稼げる仕事なんて本当にあるのか?」と衝撃を受けましたね。

(石原)私は、合同説明会の時に人財採用課(人事)の方が声をかけてくださったことがきっかけでした。

国際自動車に入社した理由は「人」

みなさん他業界の企業もたくさん見ていたそうですが、その中でも国際自動車を選んだのはなぜですか?

(石原)人財採用課(人事)の方々の人柄に惹かれたからですね。
ほとんどの企業が、説明会とか選考をすごく堅い雰囲気でやっている中で、国際自動車の人財採用課(人事)の先輩たちは、とてもフランクに話をしてくれたんですよ。他企業だったら「こんなこと聞いたら印象悪くなるかな?」って気にして聞けないような、給与とか残業時間の質問にも、笑顔で答えてくれました。

(齊藤)確かに、国際自動車の人は、学生1人1人に対して親身になって接してくれているなと感じました。

私は、就活の時期に父が体調を崩してしまったので、就活を中断して卒業後2年間看護をしました。父が元気になってから第二新卒として再び就活を始めましたが、2年間も間があいてしまったので不安が大きかったんです。企業に事情を話しても理解してもらえるか心配で、大丈夫かな…と思って選考に臨みました。

すると、国際自動車(kmタクシー)の方の反応は自分の予想と全く違ったんです。正直に自分の気持ちを話したら「うちは齊藤くんの力になれると思うから、ぜひ一緒に頑張ろう」と言ってくれたんです。

自分の力になろうとしてくれている国際自動車(kmタクシー)に対して、「自分もできることがあるなら貢献したい」と思い入社を決めました。

そうだったんですね。国際自動車は「ホスピタリティ・ドライビングkm~お客さまの笑顔を、私たちの喜びとして」をモットーに掲げていますが、採用においても、「相手にとってのベストな選択を一緒に考え、全力で応援する」というホスピタリティを大切にしてるんですね!

国際自動車だけが夢を本気で応援してくれた

栗田さんと鈴木さんは、なぜ国際自動車(kmタクシー)を選んだのですか

(栗田)夢を応援してくれたからです。

私は教育学部出身で、教師になるのが夢なんです。学問だけではなく、これから社会に出て行くにあたって大切なことを、自分の経験とともに教えられる教師になりたいと思っています。なので、まずは自分自身が民間企業で色々な経験をしてから教師になろうと思って就職活動をしていました。

どの企業の面接でも、正直に「自分が民間企業で様々な経験を積み、そこで学んだことを教師として子供たちに伝えたいんです」と話していましたが、「うちの会社じゃなくても良いですよね」とか、「教育学部出身なのにどうして民間企業に就職するの?」などと、全く理解してもらえませんでした。

そんな中、「その夢、すごくいいね!応援するよ!」と言ってくれたのが国際自動車(kmタクシー)だけだったんです。最終的には、3社から内定を頂きましたが、自分の夢を受け入れてくれた上に、応援までしてくれる国際自動車(kmタクシー)で頑張ろうと思い入社を決めました。

(鈴木)私も夢を応援してくれた事が入社の決め手になりました。

私は小説家志望なのですが、小説家になるためには、たくさん執筆の時間が必要ですよね。なので、出版社ではなく、プライベートの時間がしっかりと取れそうな企業を受けていたんです。ですが、やっぱり「うちの会社じゃなくても良いでしょう」と言われてしまって。

厳しい状況の中で、国際自動車(kmタクシー)だけは自分の夢を応援してくれたんです。特に「夢を叶えるための踏み台にして構わない」という言葉は心に響きましたね。「一生勤め上げて下さい」と言われるのでもなく、「どうせ辞めるんでしょ」といった態度をとられるわけでもなく、本気で夢を応援してもらえる、器の大きい会社だと思って、ここで頑張ろうと決めました。

なるほど!国際自動車(kmタクシー)も、「夢に向かう力は、いい仕事にもつながる」と言っていますよね!

国際自動車の新卒採用についてもっと知る!

「若い」というだけで注目してもらえるタクシー業界は、チャンスだらけ

みなさん、国際自動車(kmタクシー)の人に惹かれて入社されたとのことですが、「タクシードライバー」という職業に関してはどうお考えでしたか?

(石原)正直、周りの反応が気になりましたね。家族や友人にタクシードライバーになると報告したら「大学を卒業してタクシードライバー?」と驚かれました。

(斎藤)私もです。でも、だからこそ「面白そうな仕事だな」と思いました。今は社会的地位が低いかもしれないけど、だからこそ変える甲斐があるというか。少なくとも私は、世間から憧れている業界にいるより、社会的地位が低い業界を「若い力で変えていくぞ!」とみんなで頑張る方が楽しそうだなと思いました。

(石原)確かに、若いというだけで、注目してもらえる業界ってなかなか無いからチャンスですよね。

(斉藤)お客さまからも「若いのにどうしてタクシードライバーやっているの?」とよく聞かれます。自分が仕事をすることで、タクシードライバーや、国際自動車、お客さま、それぞれに良い影響を与えられたらと思いながら仕事しています。

(栗田)私も、はじめは両親から反対されるかなと心配しましたが、「しっかりやればお金も自分の時間もきちんと得られる」という事をきちんと説明したら理解してくれました。その経験から、家族、友人、お乗せするお客さま・・・といった具合に、まずは自分が関わる人からタクシー業界に対するイメージを変えていけばいいんだなと思いました。そうやっていけば、少しずつではありますが、応援してくれる人は増えていきますよね!

確かにタクシーに乗って若いドライバーさんが明るく対応してくれるだけでイメージが変わりますね。業界を変えるという皆さんの真剣さが伝わっていきます!

鈴木さん、石原さん、斎藤さん、栗田さん、ありがとうございました!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /美容師からの転職の狙い目はタクシードライバー!月給17万円UP、旅行も楽しめています!
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。