2017年7月13日

プロボクシングと仕事の両立をタクシードライバーへの就職で叶えた20代の夢とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
日下(くさか)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社 板橋営業所所属。昼日勤務。2017年4月新卒入社。日本大学理工学部卒業。プロのキックボクサー。趣味は音楽鑑賞で、氷室京介が大好き。(取材日:2017年7月11日)

日下さん、本日はよろしくお願いします!早速ですが、なぜ国際自動車(kmタクシー)でタクシードライバーとして働こうと思ったのですか?

プロのキックボクサーとして競技を続けながら仕事もすることを応援してくれたのは、国際自動車(kmタクシー)だけだったからです。

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんの競技中の様子

日下さんは、プロのキックボクサーなんですね!すごい!

ありがとうございます。僕は20歳からプロのキックボクサーとして活動しているのですが、社会人になるときは競技を続けるか辞めるか悩みました。

そうなんですか?社会人プロとして競技を続けることは、難しいのでしょうか?

世界クラスの選手は別ですが、キックボクシングはまだまだ競技人口が少ないので仕事をしながらでないと生活が厳しくなってしまうのが現状です。仕事と競技の両立は当然大変なので、学生終了と同時に現役を退いてしまう先輩たちをたくさん見てきました。

せっかくプロとして活動していたのに、諦めるのはもったいないですね。

仕事をしながら競技を続けられることが一番理想ですが、プロとして競技を続けるためには、每日最低2時間以上の練習時間の確保が必須になります。残業があったら思うように練習できないし、ましてや転勤があるような職種ではジムにも通えなくなってしまいます。

なるほど。

実際、就職活動の面接ではキックボクシングの話をすると、「活躍できてよかったね。でも、入社したら仕事を一番に頑張ってくれるんだよね?」とか「部外活動をしているってことは、仕事は二の次なんだね」などと言われてしまい、「キックボクシングと両立していきたい」という正直な思いを語ることは就職活動において不利になってしまうんだな、と感じていました。

ですが、「御社に入社しましたら、キックボクシングを辞めて仕事を精一杯頑張っていきたいと考えています」と嘘を言うことにも違和感があったんです。

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんのインタビュー中の様子

内定を取るために自分の意志と反することを述べないといけない、というのもおかしな話ですよね。

そんな中、「仕事もプライベートも充実させたい」という自分の正直な思いを話せて、しかも応援してくれる企業に出会えたんです。

それが、国際自動車(kmタクシー)だったんですね。

はい。国際自動車の選考内容ってなど、他社と違ってとてもユニークなんです。自社に必要な能力が備わっているかどうかを試される面接ではなく、個々人の夢や志を聞いてくださり、国際自動車で働くことがその夢や志を実現することに繋がるかどうかを一緒に考えてくれます。

ありのまま採用」や「すっぽんぽん採用」など、学生と徹底的に向き合う採用スタイルが話題になっていましたね。

採用担当の先輩たちもとてもフランクで、緊張することもなく、大好きなキックボクシングのことをたくさん話しました(笑)

1DAYインターンシップに参加したとき、みんなの前で「自分はどんな社会人になりたいか」というプレゼンをする機会があったのですが、そこで「国際自動車で働きながら、プロのキックボクサーとしても活躍していきたい」って話したんです。そうしたら、営業所の社長である三浦社長が「うち(国際自動車)なら実現できるよ。応援するよ」って言ってくださって。

今まで就職活動をしてきて、キックボクシングとの両立を応援してくれた企業がなかったので、本当に嬉しかったんです。その日から、国際自動車で働くこと以外考えられなくなりました。

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんのインタビュー中の様子

それで、国際自動車に入社されたんですね。「タクシードライバー」という職業に就くことについてはどう感じていましたか?

正直、「タクシードライバーになる」と周りに言ったら、友人たちに「タクシードライバーなんて大学を卒業した人がやる仕事じゃないよ」と言われました。

国際自動車は、タクシードライバーという職業の社会的地位を向上させることで、業界変革を起こすという目標がありますよね。僕は、これだけ自分の夢を応援してくれる会社ってなかなかないと思うんです。だから、夢を叶えることを応援してくれる国際自動車の夢を、僕もタクシードライバーとして力になることで叶えていきたいって思いがあります。

「タクシードライバーなんて・・・」と言っていた人が、「タクシードライバーやってるの?すごいね!」って言うような世の中になったら、すごいですよね。常識を覆していける立場にいることに、とてもワクワクしています。

素敵ですね。実際入社されてみて、競技生活との両立はできていますか?

できてます。まだ乗務するようになって2週間ほどですが、現在の1日のスケジュールは大体こんな感じです。練習してもしっかり睡眠がとれているので、乗務中眠いなんてこともないですよ。

時間 スケジュール
6:00 起床
7:20 営業所到着。点検など出庫の準備
8:00〜 出庫
〜15:00 帰庫。洗車など
17:00 退社
17:30 帰宅
〜18:00 休憩
18:00〜 トレーニング(ランニング)
19:30〜22:00 ジムで練習
〜22:30 帰宅
23:30 就寝

研修終了後、営業所への配属予定日とキックボクシングの試合日が被ってしまったのですが、上司へ伝えたら試合と被らないように日程調整をすぐにしてくださいました。ホスピタリティカレッジ(人財研修課。入社後研修を行う場所)と営業所の連携もとれていて、スムーズに対応してくださりとても助かりました。

この時改めて、キックボクサーとしての夢も応援してくれているんだなって感じましたね。普通の会社だったら、こんなことできないですよね。本当に感謝しています。同期も、試合を見に来てくれました。

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんのインタビュー中の様子

まだ乗務されてから2週間程とのことですが、実際に乗務されてみていかがですか?

とにかくお客さまがみなさん優しくて、びっくりしています(笑)僕は埼玉出身で、ペーパードライバーだったので東京の道はまだまだ分からないことが多いんです。「まだ新人で道に詳しくないので、教えていただけませんか?」と伺ったら、「道もわからないのにタクシードライバーなんてやるんじゃない!」って怒られるんじゃないかって怖かったんですけど、「新人さん、頑張ってね!」といって道も優しく教えて下さいます。しかも、「次の交差点を左なんだけど、そのあとすぐ右に曲がるから、右車線を走ってね」などと車線の指示までしてくださるお客さまもいらっしゃって、本当にありがたいです。

優しいお客さまばかりなんですね。ペーパードライバーだったとのことですが、運転に不安はありませんでしたか?

入社前はありました。ですが、国際自動車って研修がしっかりしているんですよ。2ヶ月間しっかりと研修をしてくださいます。

普通二種免許を取得しに教習所へ通った時、他社のタクシードライバーさんと話す機会があったのですが、その会社は研修がたったの2週間といっていて、2ヶ月間もしっかりと教えてもらえてありがたいなと思いました。

国際自動車(kmタクシー)は教育に力を入れていますもんね。

コーチは僕の運転の癖まで見てくださったので、とても参考になりました。僕、左に寄っちゃう癖が強いんですよ。左に寄るくせに、右左折するときは寄りが甘くなるみたいなんです。こういう癖って、自分ひとりでは「丁寧で安全な運転をしよう」といくら思ってもなかなか気付けないので、とても勉強になりました。

先日、お客さまから「運転も丁寧だし、挨拶も元気がよくて、よかったよ!また乗りたい」と仰っていただけたときは嬉しかったですね。まさかペーパードライバーだった僕が運転を褒められる日がくるとは思っていませんでしたから(笑)

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんのインタビュー中の様子

競技生活と両立しながら、タクシードライバーとしても楽しまれているんですね!

まだまだ新人なので毎回乗務はガチガチに緊張しますが、お客さまから感謝の言葉をいただけたときや、自分で試行錯誤しながら成果を上げることができたときは、とてもやりがいを感じます。やったらやった分だけ給与に反映されるところもモチベーションが上がりますね。

最後に、日下さんの今後の目標を教えてください!

僕は今、日勤(昼日勤務)という勤務形態で働いているのですが、日勤がまず目標にする1日の営業収入(売上)は2万円らしいんです。なので、まずはそこを目指していきたいですね。

僕は8時に出庫したら、真っ先に人がたくさんいるであろう東京の中心へ向かっていたのですが、営業収入(売り上げ)のいいドライバーさんが「朝の時間帯は都心に向かう人がたくさんいるから、中心ではなくその周りで営業すると、出勤するお客さまがたくさんいるよ」と教えていただき、今日早速実践してきました。そしたら、その先輩が仰る通りで、たくさんのお客さまをお送りすることができたんです。今まで、出庫したら1時間くらいかけて中央区へ向かい、そこから営業スタートだったのが、今日は全然違いました。

こうやって、営業収入(売り上げ)がいい先輩からコツを聞いたり、板橋営業所では毎週勉強会も開催してくれているので、そこで学んだことをどんどん実践していきたいと思います。

もちろん、キックボクサーとしてもどんどん上を目指していきたいと思います!

日下さん、本日は貴重なお話をありがとうございました!応援しております!

国際自動車(kmタクシー)に新卒で入社し、タクシードライバーとして働きながら、キックボクシングのプロとしても現役で活躍している日下さんのインタビュー中の様子

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /「稼ぎたいし、休みも欲しいけど、何がやりたいか分からない」という就活生へオススメの仕事
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。