2016年3月3日

世界中のVIPをもてなすキャリア20年のハイヤードライバー。送迎だけでないハイヤーの仕事内容とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
細谷(ほそや)さん。ハイヤードライバー。国際ハイヤー株式会社第二支店所属。1996年キャリア(中途)入社。教育指導責任者を務める。前職は自動車の販売営業をしていた。趣味はテニス。(取材日:2016年3月2日)

今回インタビューしたのは約20年のキャリアを持つベテランハイヤードライバーの細谷さんです。丁寧な運転ときめ細やかな接客技術に定評のある細谷さんは、誰もが知っている世界のVIPや国家元首、各国首脳の送迎やおもてなしを何度も任されています。そんな細谷さんに、「信頼されるハイヤードライバーは何が違うのか?」「プロフェッショナルとしてどんなことを心がけているのか?」など伺って参りました!

ハイヤードライバーとしてどんな仕事をしているのか?

ハイヤーには様々なサービスがあります。通勤利用のための定期送迎、1日単位で利用できるスポット利用、ゲストへのおもてなしなどに使用できる観光利用。

その中でも私が主に担当しているのは、「専属利用」というサービスです。このサービスでは、ご契約いただいた企業さまが弊社の専属ドライバーと高級ハイヤーを社用車のようにお使いいただけます。

私は週に1〜2日ほど、開業医のお客さまをご自宅から診療所までお送りしております。それ以外の時間はスポット利用が入ることもありますし、新人ハイヤードライバーが配属された場合は添乗教育を行っております。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんの笑顔

替えのきかない仕事、ハイヤードライバー

ハイヤードライバーの仕事は、目的地へのお送りだけではありません。迅速かつ安全に移動するだけなら比較的料金の安いタクシーを利用する方が良いでしょう。ではハイヤーの意義は何なのか?私はハイヤードライバーは替えのきかない人物にならなければいけないと思っております。

お客さまの好みやルールは様々です。匂いの好き嫌い。いつも聞くラジオのチャンネル。快適な室内温度。ルートの指定。時間を1分たりとも無駄にしたくないと考えていらっしゃる方ならば、ゆったりとした運転よりも時には抜け道を使って迅速に運転することが望まれます。そうした趣味嗜好を把握し、お客さまに最適な対応ができれば、替えのきかない人財になることができます。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さん運転中の写真

以前、担当していたお客さまが「前の車がモタモタ運転しているねえ」と仰っていたことがありました。お客さまの言葉をそのまま受け取ってはならない、というのもハイヤードライバーに大事な心がけです。この場合、「遅い車の後ろにいると自分も遅れてしまうのでは?」ということがお客さまの言葉の裏にあるメッセージのはずです。

「指摘されなければ何も問題が無いだろう」というのは安直な考えです。黙っているのは、諦めているからかもしれません。ハイヤードライバーは常に「かもしれない」と考える必要があります。「だろう」では選択肢が狭まります。「もしかしたらこうかもしれない」という思考には終わりがありません。お客さまは今何を思っていらっしゃるのか、後部座席の息遣いにまで神経を尖らせてこそ、ハイヤードライバーです。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんが後部座席を覗き込んでいる写真

ゴルフ送迎でも無限に広がる仕事

私は以前中古車の販売営業を行っておりました。ハイヤードライバーになった今でも生きている営業マンの資質は「相手の立場に立って考える」スキルです。

例えばゴルフ送迎の仕事が入ったとします。朝5時にお迎えにあがり、群馬県のゴルフ場までお送りする1日仕事です。お客さまがコースを回り終えた時に、そろそろかな?と準備をしながら車内で待機しているのは気の利かないドライバーです。早めに出てお客さまの荷物の預かり札を先に入手し、受付に戻って来られた際に「お疲れ様でした」と声を掛けながら荷物を渡して待ち時間を減らすという先回りが必要です。お客さまの行動が急遽変わることもあるので、先回りが無駄に終わることもありますが、誠意は積み重なります。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんのお掃除中の写真

待機中や隙間時間には車の手入れを行います。常に綺麗な状態を保つのが大事です。

お客さまがホストの場合は、ゲストのお迎えの車よりも先に行ってはいけません。移動の車内で本日の立場を確認し、ゲストの車は白のレクサスなど覚えておく必要があります。また、ハイヤーを利用していることを伏せてほしいというお客さまからは「電話したら迎えに来てください」とリクエストが入ります。その場合も電話が入ってから迎えに上がってはいけません。受付に逐一電話し、お客さまのいらっしゃる位置を把握して無駄の無いタイミングで到着するのがベストです。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんのドアサービス

ただのゴルフ送迎でも、できることは無数に広がります。仕事の枠を狭めず、常に緊張感をもって接客に気を抜かなければ、またお願いしたいと思っていただけるハイヤードライバーになれると思います。

非日常の特別感を味わえるのがハイヤードライバーの醍醐味

ハイヤードライバーをしていると、日常では絶対にお会いできないお客さま、普段は行くことのできない場所に訪れることができます。VIPのお客さまと密室空間でご一緒したり、一般の乗用車の立ち入りが禁止されている空港の離陸場を走ったりなどは中々できることではありません。VIPのお客さまをお送りして高級車を走らせる喜びはハイヤードライバーならではだと思います。

この仕事は終わりがありません。お客さまによってサービスの質が異なってはいけませんが、お客さまによって内容は異なります。変わらないのは相手への思いやりと高い運転技術でしょうか。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんが用意した靴べらの写真

これは細谷さんが用意した靴べらです。お客さまのことをよく観察しているからこそ、誰に言われるでもなく心遣いを発揮できるのですね!

ハイヤーの座席は革張りなので滑らかな触り心地です。ブレーキを踏む時に、ギアが四速から三速、二速と切り替わるほんのちょっとした振動、排気量の多いハイヤーなら目を閉じてやっと感じ取れるかどうかの微弱な揺れを感じてブレーキをかけることで、滑らかな停車が可能になります。「細谷さんの運転だと滑らないよね。何か特別なことをしているの?」とお客さまから声をかけていただいた時はとても嬉しかったですね。

小さなことだと思われるかもしれませんが、挨拶や表情、態度などに現れる誠意や心遣いがお客さまの満足度に繋がります。今後もさらに成長していけるように努力を続けてまいりたい思います。

国際ハイヤー株式会社のハイヤードライバー細谷さんの外での笑顔

国際自動車ではハイヤードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /30歳を目前にタクシードライバーへ転職した私が女性にこそオススメしたい理由
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。