2014年5月31日

国際自動車の人事担当「学生一人ひとりに寄り添う採用を心がけています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
青木(あおき)さん。国際自動車(kmタクシー)人財採用課(人事)所属。2009年新卒入社。三鷹営業所で職員を経験後、本社で営業を行い、現在は新卒採用を担当。(取材日:2014年5月31日)

社会に対する不信感や疑問を受け止めてくれた会社

国際自動車(kmタクシー)との出会いは、卒業間際の3月でした。何故そんな遅くまで就職活動をしていたのかというと、一度中断してしまっているんです。というのも、ある選考で面接官と衝突してしまったことがきっかけでした。「入社するために、自分に嘘をついてまで媚を売りたくない」という不信感と疑問を抱き、就職活動をやめて遊びほうけていたのが正直なとことです(笑)

ですが、新卒としての就職活動は一生に一度きり。ならば一旦社会人を経験しよう、と思い就職活動を再開しました。そんな時に出会ったのが国際自動車(kmタクシー)だったんです。

最終面接は、当時専務だった方が担当してくださいました。そこで、「余計なことはいいから、なぜ今の時期まで決まっていないの?」と聞かれたんです。

私は正直に1年前に感じた社会に対する不信感、新卒採用の企業側と学生側のミスマッチ、それを学生側が合わせなければいけないということに対する疑問をそのまま話しました。すると、藤森社長はすべて受け入れ、その場で内定をくださったんです。ありのままを受け入れてくれる国際自動車(kmタクシー)の会社の器の大きさに驚きました。

ドライバー未経験の自分が自信を持って学生の前に立てるのは、誇りを持って働いている新卒ドライバーがいるから。

国際自動車(kmタクシー)に入社後は三鷹営業所で職員、本社で営業を経験後、人財採用課(人事)に異動になりました。私はタクシードライバー経験が無かったので、「未経験の自分が学生にタクシードライバーという職業をすすめて良いのだろうか?」という葛藤がありました。

しかし、新卒でタクシードライバーの仕事をしている後輩たちが、自分たちの成果について楽しそうに会話している様子や、イキイキとした表情、そして同期同士の素晴らしい結束力を見ていくことで、「新卒でタクシードライバーになる選択をして、どんな仕事よりもやりがいと誇りを持って働いている後輩たちがここにはいる。全ての学生が合っているわけじゃないが、他の仕事をやるよりも、どの仕事を選ぶよりも、ドライバーが合っている学生が必ずいる。だから選考をしていくのではなくて、合否をつけるのではなくて、国際自動車(kmタクシー)に合うか、合わないか、タクシードライバーの仕事に合うか、合わないか、を大切にしていこう。楽しそうに仕事をしている後輩たちに合う学生を探していこう」と、ある意味では開き直れたことが自分にとってはとても大きかったです。

そう思えるようになってからは、自信を持って「国際自動車(kmタクシー)のタクシードライバー」という仕事をすすめられるようになりました。自分が信じていないことを、人に信じてもらえるわけありませんよね。まずは自分が信じる事が大切だと痛感しました。

今、私には迷いがありません。自分が感じたような嫌な思いをしてもらいたくない、という想いでありのままの国際自動車(kmタクシー)を学生たちに伝えています。

「一人一人に寄り添う採用」が間違っていなかったと証明された瞬間

人財採用課(人事)に異動してきて1年が経過しましたが、内定式の時は感慨深くなりましたね。前半は、悩みながら手探り状態で採用を行ってきたので、それでもついてきてくれた子たちがいたことが嬉しかったです。

中でも一番嬉しかったのは、第一志望が別の企業だった学生の話です。その学生が選考を受けている際、人事の方に「他にはどんな企業を受けているの?」と聞かれ、「タクシー会社です」と答えたところ、「タクシードライバーなんて」と反対されたそうなんです。

その学生は、それに対し非常に怒りを感じて、「こんな人事がいる会社で働きたくない!」と第一志望だった企業の最終選考を辞退して、国際自動車(kmタクシー)に入社してくれました。

国際自動車(kmタクシー)を選んでくれたこと、さらに、タクシードライバーを反対されたことに対して怒りを感じてくれたということが、とても嬉しかったです。これは、タクシードライバーという仕事の魅力、国際自動車(kmタクシー)の魅力がきちんと伝わっていたということだと思います。私が意識してきた、「一人一人に寄り添う採用」が間違っていなかったということが証明された瞬間でした。

ありのままの自分で、ありのままの国際自動車(kmタクシー)を伝えていく

社長が「業界を変えよう!」と言ってから、社員全体の意識が変わったように思います。私も、以前より見られ方を意識するようになりました。これから、あと何十年と働いていくわけですが、自分が大切にしているものを忘れずに、軸をしっかりともって働いていきたいですね。

国際自動車(kmタクシー)の顔として、自分自身が楽しみ、自分が信じているものを、混じりっ気なしの100%で就活生たちに伝えていきます!

国際自動車では採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /中国人が日本でタクシードライバーになって驚いたこととは?
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。