2016年3月22日

自動車整備士ってどんな仕事?国際自動車初の女性整備士2人に聞いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
(写真左)大浦(おおうら)さん。エンジニア。国際自動車(㎞タクシー)株式会社整備部東雲工場所属。2015年4月新卒入社。19歳。趣味は音楽を聴くこと。(取材日:2016年3月18日)
PROFILE.
(写真右)倉島(くらしま)さん。エンジニア。国際自動車(㎞タクシー)株式会社整備部東雲工場所属。2015年4月新卒入社。19歳。趣味はバドミントン。(取材日:2016年3月18日)

今回取材したのは東雲工場で自動車整備の仕事をしている10代のエンジニア女子2人です。車の専門知識や技術力に加え、体力も必要な「自動車整備士」。どんな仕事なの?職場の雰囲気は?キツくない?そもそもどうして整備の仕事を選んだの?など気になる話題について語っていただきました。身体を動かす仕事や、ものづくりに興味がある女子、必見です。

女性の「自動車整備士」は珍しいと思うのですが、お二人が高校を卒業してから整備の仕事に就いたのはどうしてですか?

倉島さん私は父の影響で公務員になろうと思っていました。でも、高校の先生に「公務員になって何がしたいの?」と言われて上手く答えられなかったんです。確かに深く考えずに何となく目指していただけだと自覚したので、「好きなことを仕事にしよう」と思いました。そういえば私は車が好きだから工業高校に入ったんだと思い返した時に、整備の仕事が目に入ったんです。女性歓迎の求人でしたし、自分で車を直せたらかっこいいなと思って整備の仕事を始めました。
大浦さん私は商業高校出身で、秘書検定の授業などを受けていたのですが、とにかくじっとしているのが苦手なんです。常に身体を動かしていたいタイプなので、普通に就職してデスクワークは飽きてしまうだろうと思っていました。先生に相談したら、整備の仕事はどうかと勧められたんです。

なるほど。やはり自動車整備士は身体を動かす仕事なんですか?

大浦さんたまに書類を書いたりする時はありますけど、大体は立ちっぱなしで仕事をしています。常に動いていられるので自分にはすごく合ってます。

国際自動車(㎞タクシー)株式会社整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんの写真

時には自分の身長よりも高い位置の作業もあるようです。

倉島さん入社前に唯一不安だったのが「体力」でした。タイヤは重たいものだと10Kgくらいあるので、私は最初腰を痛めてしまったんです。でも整体の先生に腹筋を鍛えると良いと教えてもらって、立っている時や座っている時でもお腹をキュッと引っ込めるようにしたんです。そうしたら腹筋が鍛えられたみたいで、今ではタイヤをちゃんと持てるようになりました。コツはお腹と脚を使って体全体で持ち上げることです。

国際自動車(㎞タクシー)株式会社整備部東雲工場所属の女性エンジニア倉島さんとタイヤ

大浦さん男性の先輩たちと同じようにやろうと思ってもできないことがあるので、自分たちで身体に優しい持ち方を研究していくのが良いと思います。でも、先輩たちがこまめに休憩時間をとってくれるので、体力的にキツイと思ったことはないです。

先輩たちとの関係性はいかがですか?男性ばかりの職場で不安はないでしょうか?

倉島さん入社当初は、私たちが初めての女性整備士採用だったこともあり、先輩たちも私たちもどんな接し方をすればいいのかよく分からず戸惑っていました。
大浦さんでも、仕事を教えてもらっているうちに色々話すようになってきて変わりました。先輩の方から話しかけてきてくれて、娘のように優しく接してくれます

談笑している国際自動車(㎞タクシー)株式会社整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんと倉島さんの写真

倉島さんよく「娘と話しているみたいなんだよね〜」って言われます。職場にお父さんがいっぱいいるみたいで楽しいです。お昼はテレビを観ながら皆でご飯を食べているんですよ。大浦さんは寝ちゃうんですけど(笑)
大浦さんご飯食べたら眠くなっちゃうんで、休憩時間はよく寝ています。
倉島さん「起きちゃうから、静かにしておこう」って先輩も優しく見守っています(笑)
大浦さん「疲れているんだろうから、起こすなよ〜」って会話が薄っすら聞こえてきて、「良い職場だー」って思いました(笑)

国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんのはじける笑顔の写真

倉島さん本当に良い雰囲気ですよ。ミスしても「みんな失敗して覚えているんだから大丈夫」ってフォローしてくれます。走ってきたばかりの車両のエンジンオイルって温かいので出がよいんですけど、私がそれを被ってしまってつなぎがベトベトになったことがあるんです。先輩が「大丈夫か!?」ってすぐに駆けつけてくれて、つなぎを洗って、車のエアコンをマックスにして乾かしたこととか、先輩が優しかったおかげで良い思い出になっています(笑)

国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア倉島さんの笑顔の写真

大浦さんつなぎのSSサイズを作ってもらったり、デザインを私たち二人に考えさせてくれたり、「夏場に帽子を被るとおでこにニキビができる」と言ったら、特殊な布を帽子に付けてくれたりと、凄く大事にしてもらっていると思います。女性の新しい意見が欲しいみたいですね。

とてもアットホームな雰囲気が伝わってきます。お二人は普段どんな仕事をしているんですか?

倉島さん主にタクシーとハイヤーの点検業務を行っています。点検は国際自動車(㎞タクシー)が独自で行っている「スケジュール点検」と法令で決まっている「3ヶ月点検」「12ヶ月点検(車検)」の3種類があるんです。1日の流れは以下の通りです。
時間 スケジュール
6:50 出勤
7:00 朝礼
7:30〜12:00 点検業務
12:00〜13:00 昼休憩
13:00〜14:00 点検業務
14:00〜16:00 新車の代替え
16:00 終業
大浦さん残業は無いので、いつも定時で帰ってます。

笑顔で話をしている国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんと倉島さんの写真

それぞれの業務内容を教えてもらえますか?まず、「スケジュール点検」とは何をするのでしょうか?

大浦さんまず、作業指示書を見て点検する車を確認します。走行距離によって点検内容が変わるので、キロ数は必ずメモします。次にボンネットを開けて、エンジンオイルを取り替えます。その後、車をリフトであげてタイヤの空気圧を入れ、車の下周りを見てオイル漏れや傷、へこみの有無を確認します。最後にバッテリーを確認して終わりです。全部で15分くらいの短い点検です。

点検作業をしている国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんと倉島さんの写真

倉島さん作業自体はシンプルですが、ちょっとした確認漏れで大きな事故になる可能性があります。空気圧が少ないと、釘などで傷がついてパンクに繋がってしまいますし、小さな傷がバーストというタイヤへの亀裂となり、大事故になってしまうので大事な作業なんです。

なるほど。「新車の代替え」とはなんですか?

大浦さんタクシーは「使用して7年が経っている」か「走行距離が70万キロを超える」と交換しないといけないんです。新車の代替えとは、普通の車と全く変わらない状態で工場に運ばれた新車をタクシーやハイヤーに仕上げていく作業です。
倉島さんメーターやナビを付けたり、電子マネーが利用できるように配線を通すんです。他の作業と並行して進めるので早くても1週間くらいかかります。
大浦さん先輩は回数をこなして作業が早くなってきたと言っていましたが、なかなか覚えられないんですよね。本当に先輩と自分たちでは知識量が全く違います。

先輩と一緒に作業している国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんの写真

倉島さん私たちはエンジニアですが、「板金(ばんきん)」と呼ばれる故障車の修理や塗装を専門に行う人たちもいるんです。エンジニアより力仕事が多いので女子は少ない世界みたいですけど、本当に職人の技という感じです。車をひと撫でしただけで微妙なへこみが分かるんです。私も触りましたけど、何が違うのか全く分かりませんでした(笑)
大浦さん私たちは整備の仕事の半分も覚えていないので、まだまだ練習が必要です。

真剣な表情の国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんの写真

倉島さん自動車検査員の2級保持者から点検後の書類に署名できるようになるので、2級を持って半人前になるのかな?私は今度3級の試験を受けに行きます。

最後にお二人が整備の仕事をする上で心がけていることを教えてもらえますか?

倉島さんお客さまが居心地の良い空間を作ることです。エンジン音がうるさかったり、整備不良だったり、タイヤがキーキー鳴っていたら安心して過ごせないですよね。「国際自動車(㎞タクシー)のタクシーやハイヤーはいつも快適」と思っていただくことを目標に仕事をしてます。

真剣な表情の国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア倉島さんの写真

大浦さんたまに車検を一人で任されると信用してもらえているんだと嬉しくなります。先輩たちの期待に応えられるように努力し続けたいですね。

点検作業中の国際自動車(㎞タクシー)整備部東雲工場所属の女性エンジニア大浦さんの写真

大浦さん、倉島さん、本日はありがとうございました!

国際自動車では採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /25歳の新人路線バスドライバーに聞いたバスの魅力と運転の心得。「愛されるバスにしたいんです」
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。