可能性が沢山ある「ケイエム観光バス」で、「国際自動車グループ」だからこそ出来るサービスを生み出していきたい

HOME > 社員の声 > 可能性が沢山ある「ケイエム観光バス」で、「国際自動車グループ」だからこそ出来るサービスを生み出していきたい

Drivers 最新記事
mori_i

可能性が沢山ある「ケイエム観光バス」で、「国際自動車グループ」だからこそ出来るサービスを生み出していきたい

2016.02.26 Fri

カテゴリー : ◎路線バスドライバー


PROFILE.
森太志(もり・ふとし)ケイエム観光バス株式会社 シティバス事業部 港営業所 職員。2012年5月キャリア入社。趣味は子供と遊ぶこと。(取材日:2016年2月5日)

休日に家族で出かけた時の1枚。お子さんはバスより電車のほうがお好きだそうです(笑)。

森さんは2012年に「ケイエム観光バス」に入社されたとのことですが、前職は何をされていたのですか?

前職は、バス会社で路線バスの運転手を勤めていました。

私は旅行とドライブが好きで、特にバスは大好きで幼い頃から良く利用していましたので、バスの運転手になることは学生時代からの夢だったんです。
学校も、旅行の専門学校へ行き、旅程管理や飛行機・電車・バスの時刻表の見方など実務的なことを学びました。

大型二種の免許は、普通免許を取得してから3年たたないと取得できません。なので、卒業後3年間は、旅行会社の添乗員として働いていました。運転手さんの話を聞きながら、ガイドさんがサポートしてくれる観光バスではなく、接客から運転、車内の空間づくりまでを全て一人で担う路線バスに魅力を感じたことが路線バスを選んだ理由です。

前職時代の写真。お若いですね!

大好きな路線バスの仕事をしていたのに、転職を考えたのはどうしてですか?

ご縁ですね。もともと転職を考えていたわけではなかったんです。

実は私の妻も元路線バスの運転手なのですが、妻は出産を機に退職しました。ですが、私と同じようにバスを愛しているので(笑)、「どうしてもまた路線バスの運転手の仕事がしたい」と、求人を探し始めました。

そのタイミングが、ちょうどケイエム観光バスが路線バスサービスを始めたタイミングと一緒だったんです。「子育てがあるこの状況で共働きは難しいんじゃないか?」と心配でしたが、ケイエム観光バスは、妻が面接で正直に状況を伝えても、それでもいいと採用してくれたんです。

一度、子育ての事について悩みがあり、退職の相談をしたところ、夫である私に「一度お話できませんか?」と電話がかかってきたんです。
「国際自動車では、お子さんがいても、ご夫婦で一緒に働けるように調整しますよ。出来る限り協力します」と言ってくださったんです。「路線バスも立ち上げたばかりですし、路線バスを長く経験されている旦那さんのお力も借りたいんです」とも言って下さいました。

正直、驚きましたね。突然妻が勤めている会社から電話がかかってきたと思ったら、スカウトされたのですから(笑)。
当時特に不満もなく大好きな仕事を楽しんでいたので、迷いもありました。ですが、それ以上に「こんなに私達家族のために協力してくれる会社があるんだ」ということと、「自分の9年間の経験が組織のために、存分に活かせる環境である」という点に魅力を感じ、ケイエム観光バスに転職を決めました。
妻も2年くらい一緒に働きましたよ。今は退職してしまいましたが、未だに所長から「いつでも戻ってきていいよ」と声をかけて頂いているみたいです(笑)。

そうなんですね!ケイエム観光バスに入社されてからは、どんなお仕事をされているのですか?

1年目は路線バスのドライバー、2年目は乗務しながら新人教育や既存乗務員の更なるホスピタリティ向上のために様々な取り組みを行う指導乗務員という仕事をしていました。

3年目になる時、現国際自動車の執行役員 畑執行役員に「職員として働かないか?」と声をかけて頂きました。畑執行役員は、「職員として、ケイエム観光バスをより盛り上げていってもらいたい」と言って下さったんです。

職員とは、それまでの指導乗務員とは違い、ドライバーさん達を管理する立場になります。

職員としてのメインの仕事は配車業務ですが、広告の営業や、路線バスを使った貸し切りの営業、取材対応から電話対応まで業務は多岐にわたります。なので、私のこれまでの経験がより活かしていける立場になるのでは、と考え「よろしくお願いします」とお返事しました。

ケイエム観光バスが路線バスを立ち上げたばかりの時期に、経験者として入社されましたが、前職での経験は活きていますか?

大いに活きていると思います。

ケイエム観光バスは路線バスの運行を始めて4年ということもあり、全員で「もっと良くしていこう」という雰囲気があります。その上、営業所はとてもアットホームなので、そのための議論には上司も部下も関係ありません。所長が変化に対して理解があることも、スピード感を持ってどんどん良くして行けている理由の一つだと思っています。

そうなんですね。実際に、森さんはこれまでにどんな取り組みを行ったのですか?

入社当時、ケイエム観光バスはまだ、観光バスのノウハウしかありませんでした。路線バスのドライバーさんへのシフトの発表が大幅に遅れてしまいました。

観光バスは、いつどこで仕事をするかはお客様からのご要望ありきになりますが、路線バスは決まった日時で運行するのでスケジュール管理が出来ます。シフトの発表が遅れる事でドライバーへご迷惑をかけてはいけないのです。

そこで、私は1ヶ月分のシフト表を導入しました。シフト制ではあるものの、ドライバーさん達がゆっくり休めるよう、2連休になるような構成でシフトを組んでいます。

先々のスケジュールが見えるようになったので、ドライバーさんの要望にもより柔軟に応えられるようになりました。「妻と温泉に行きたいんだけど・・・」などと相談してくれるドライバーさんも増えましたね。
先日は、バリ島へ9日間行ってきたドライバーさんもいるんですよ。

あとは、路線バスをもっと多くのお客さまに知っていただきたいので、宣伝もみんなで試行錯誤しながら頑張っています。現在職員は私を含めて5人いるのですが、5人でTwitterも運営しているんですよ。

先月は「路線バスの貸し切りやっていますよ」と宣伝したところ、Twitterだけで10件以上お仕事を受けることが出来ました。

品川駅・田町駅とお台場地域をレインボーブリッジで結ぶ路線バス「お台場レインボーバス」のTwitterアカウントはこちらからどうぞ。

素敵ですね。

営業所のみんなは本当に仲が良いです。ケイエム観光バスはアットホームですね。

乗務員さんのお子さんが営業所に遊びにくることもあるんですよ。ジュースを買ってあげたり、もはやみんなで育てているような感覚です(笑)。

ケイエム観光バスでは、かわいいバスグッズも販売中です。

あとは、「全員でより良いサービスを作ろう」という意識をひとりひとりが持っています。

「先輩、今日はこんなお客さまがいたんですがそういう時はどうすればいいですか?」「そういう時はこうすれば良いよ」「次からやってみます!」なんて会話はよく聞こえてきます。

ドライバー同士だけではありません。ドライバーと職員も連携をとれていて、「ダイヤはこういう風にしたほうが利便性があがるんじゃないかな?」などと意見をもらったり、常に「どうしたらもっと良くなるか?」と考えながらいろんな話をしています。

これは、全員が「全員で良いサービスを作ろう」という意識を持てていないと出来ない議論だと思うので、港営業所の素晴らしいところだと感じています。

港営業所のチームワークの良さを感じます。最後に、今後の目標を教えて下さい。

「みんなで意見を出しながら、サービスを良くしていける」というやりがいを非常に感じています。

まだまだ自分自身も成長過程なので様々な情報をチェックして「これを取り入れたらどうかな?」などと考えながら提案書を作っていきたいと思います。
イノベーションと言ったら大げさかもしれませんが、もっと良くなるための挑戦や、そのための変化というのは、営業所のみなさまや、所長の理解がないと実現出来ないことですので、いつも感謝しています。

「これでいいや」と思ってしまったらそれ以上の成長はありませんから、まだまだいろんなことに挑戦していきたいと思ってます。

浜松町駅〜お台場〜大江戸温泉物語・テレコムセンター駅・東京ビッグサイト・国際展示場駅間を運行している路線バス「kmフラワーバス」のTwitterアカウントはこちらからどうぞ。

あとは、私は観光バスも大好きですし、路線バスも大好きです。好きという気持ちと、たまたま経験があるので、自分目線でいろいろと言う立場にはいますが、「国際自動車」というグループは本当に大きいので、それぞれから色んな事を教えてもらいたいと思っています。

タクシーの新卒採用も、とても盛り上がっていますよね。そういう、それぞれのエネルギーがもっと交流する場が増えていったらいいなと感じています。

路線バスとタクシーを併用したサービスの開発や、商店街とパートナーシップを結んだコラボ企画などなど、少し考えただけでも、グループだからこそ出来る素晴らしいサービスはたくさん作っていけそうですよね。

国際自動車グループは、熱い思いをもった人が多い魅力的な会社だと思っているので、将来的には、そのみんながより一丸となって会社を盛り上げていきたいです。

確かに、グループ全体がより力を合わせたら、大きな相乗効果が期待できそうですね。森さん、ありがとうございました!これからも応援しております!

カテゴリー : ◎路線バスドライバー