2020年4月8日

憧れの車を運転できる!新人の第一関門を越えたハイヤードライバーに聞くこの仕事のやりがいと魅力とは?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE
大柴さん。ハイヤードライバー。国際ハイヤー株式会社第一支店所属。2019年新卒入社。6車10人。

自動車関連の仕事でも運転できる仕事は少ない?!

大柴さんは2019年度の新卒入社とのことですが、まずなぜ就職先を国際ハイヤー株式会社に選ばれたのか教えてください。
元々自動車関連で就職活動をしていました。カー用品店や中古車ディーラーなども見ていたのですが、ハイヤードライバーという仕事が珍しかったことと、運転できる仕事だという点でこの仕事を選びました。自動車関連の仕事でも意外に運転ができる仕事ってそんなに多くないんですよね。あと、給与面や丸の内と大崎という働く場所のよさにも惹かれました。

たしかに自動車関連の仕事って運転はあまりできない仕事が多いですよね。国際ハイヤーという会社自体はどこで知りましたか?
国際自動車(kmタクシー)株式会社の説明会に行った際、ハイヤードライバーも新卒募集をしていると知りました。私は新卒採用の2期目です。たまたま縁があったと感じています。

ドライバーデビューはいつされたんですか?
10月の中頃です。入社後はまず全体研修を受け、その後ハイヤーの内勤の仕事をお手伝い。地理を覚えるための2、3カ月のタクシー研修を経て、ハイヤーの研修をし、最後にテストのような感じで上司をお客さまに見立て、何カ所かに連れていき合格できたらいよいよ次はデビューとなります。

最初のお客さまのことは覚えていらっしゃいますか?
はい。そのテストのようなものに合格した当日に初仕事でした。役員の方で5、6kmもないくらいの距離だったのですが、とても緊張しました。でも私はデビュー当日のことよりその次の日のことの方が印象的でした。朝渋谷の方に役員の方のお迎えに行ったのですが、なかなかお客さまが出て来ず。結局3時間待ったのですが出て来ず、配車室から「そのまま帰ってきていいよ」と言われたのでそのまま帰りました。

そんなこともよくあるんですか?
いや、頻繁にはないです。そのときのお客さまは、スケジュールの変更がたびたびあるお客さまだったそうですが、2日目にお客さまが来ないというのは驚きました。

待機時間の使い方次第で仕事+αのことができる!

一日のお仕事の流れを教えてください。
朝1本役員の方のお迎え、夕方に1本役員の方のお送りというのがよく入る基本の仕事になってきます。その間、昼の時間帯は基本的に待機時間ですね。夜は会食などの送り迎えをしたりしますが、お客さまが会食をされている間は待ち時間ですね。

その待ち時間はどう過ごされているんですか?
たまに待合室があるホテルなどもありますが、基本的には車内で仮眠を取ったり、次の行き先を確認したり、今はもうすぐ運行管理の資格試験があるのでそれに向けて勉強をしたりしています。

待ち時間の使い方次第でいろいろなことができるんですね。役員の方のご自宅までの送り迎えもよくされるとのことでしたが、ご自宅はホテルなどの大きな建物と違って分かりづらいと思います。道に迷われたりしないのですか?
ご自宅までのルートや外観などはマニュアルがあるので迷うことはありません。あとマニュアルに加えてGoogle Earthを活用しています。Google Earthだと実際の道の様子も分かりますし、地図上では一般道と高速道路が重なってしまっているような場所でも分かりやすく見ることができるので、高速道路の入り口の確認などにもよく使っています。

高級車が運転できる車好きにはたまらない仕事。

大柴さんはこの仕事のやりがいをどこに感じていらっしゃいますか?
テレビによく出ているような有名な方の送迎を担当した時などは、やはり緊張感と一緒にお客さまの移動を支えているんだと特に感じますね。あと、元々車が好きなので、自分で買うことはないであろう、他の仕事だったら運転することもないであろう車に乗れるのは嬉しいですね。クラウン、レクサス、アルファード、ヴェルファイア、どれも高級車なのでその分運転するのは怖いですが…。あとkmの看板を背負っていますから、運転にはとても気を遣います。国際ハイヤー公式サイトより

高級車は運転していても違いを感じるものですか?
そうですね。まず装備が違います。シートヒーターがついているなど充実しています。ハイヤーで使うような高級車は乗っているお客さまももちろん快適なのですが、運転手も快適に運転できるような仕様になっています。私は自分で軽自動車を持っているのですが、車格も乗り心地もパワーも全然違うと感じます。特に違いを感じるのが高速道路の継ぎ目ですね。自分の軽自動車だと結構弾むのですが、クラウンとかだとスーッと走れます。

大柴さんは休みの日も運転されるんですね。
はい。運転しない日はほとんどないです。

最近お仕事の方はいかがですか?順調ですか?
年末年始は挨拶回りでとても忙しかったです。新人が一番最初に当たる壁と言われているそうで、12月中旬から1月中旬まで、毎日のように一日10何カ所も周るんです。まずルートを作るのにも苦労しましたし、次行く場所が決まっていないときなど、そのときそのときで臨機応変に対応するのが大変でした。

でもその壁も越えられたわけですね。これからもお仕事頑張ってください!!今日は取材にご協力いただきありがとうございました。

国際自動車ではハイヤードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /憧れの車を運転できる!新人の第一関門を越えたハイヤードライバーに聞くこの仕事のやりがいと魅力とは?!