2019年12月30日

笑顔がステキな新卒バスガイドはお客さまの笑顔のために、今日も笑顔で働く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE

鈴木さん。バスガイド。ケイエム観光バス株式会社足立営業所所属。2017年度新卒入社。5勤1休。(取材日:11月25日)

入社のきっかけになった「最後一応このkmってところに行ってから帰るわ」

鈴木さんは新卒入社でバスガイドになられたんですよね。ケイエム観光バス株式会社はどこで知りましたか?
合同説明会で知りました。私は観光業界に絞って就活をしていたのですが、観光の括りで出展している企業は少なかった覚えがあります。友達に「最後一応このkmってところに行ってから帰るわ」と言って行ったら、タクシーの会社だったのでびっくりしました(笑)。でも、そこにいた採用の人たちの熱意がすごくて、「会社でやる説明会の方にもぜひ来てください!」「グループワークもやるので他社を受けるときの練習にもなりますよ!」と言われたので、促されるまま会社での説明会にも行きました。説明会でタクシードライバーだけではなくバスガイドの募集もあることを知ったんですけど、バスガイドは10人しか採らないと言われて。「狭き門だな…」と思ったことをよく覚えています。

でもその狭き門から入社されたわけですよね。選考はいかがでしたか?
kmの選考は他に受けた会社とはずいぶん違っていましたね。一次選考で劇をやったり、最終選考は座談会のような感じで、コの字型の机と椅子に役員の方々と就活生が交互に座って話をしたりしました。そのおかげで最終選考は他の会社の最終選考よりは緊張せずに済みましたね。

珍しい最終面接の形態ですね!

バスガイドになるまでの経歴はみな様々

鈴木さんは大学を卒業されて、バスガイドになられたんですよね?
はい。大学は観光経営学科という観光について学べる学部に通っていました。

では大学で学んだことを活かして働かれているんですね!
はい。私が入ったとき大卒でバスガイドは珍しいと言われたんですけど、今年入社予定の5人中5人は大卒です。私は大学での専攻も観光でしたが、中には大学の学部は法学部でバスガイドになった人もいます。なので、就活の時期になってはじめてバスガイドという職業を選択肢に入れた人でもなれる職業ですよ。

バスガイドになるまでの経歴は様々なんですね!研修はいかがでしたか?
研修は入社してからまず1カ月半ほど受けました。最初は東京と横浜の研修でしたね。その研修のあと乗務をするようになって、またしばらくして今度は千葉の研修を受けました。このように研修を受けて、実際に乗務をして、ということを繰り返していきます。

場所ごとに研修を受けるんですね。
そうです。話すことは行く場所ごとにまったく違うので。普段はバスガイドの台本のようなもので勉強をしています。フリマアプリなどでも出品されているのでバスガイドになりたいなと考えている人は買って見てみるのもいいかもしれません。

やっぱり「お客さまの笑顔」がやりがい

最近のお仕事で何かエピソードがあったら教えていただけますか?
最近、特別車両に乗りました。普通のバスだと定員は50名前後なんですけど、運行を担当しているCLUB TOURISM FIRSTの特別車両は17名しか乗れないんですね。内装もとても凝っていて、水戸岡鋭治先生という有名な工業デザイナーの方が監修しています。やはり料金もお高いですし、普段よりも緊張してしまいますね。

17名乗りというのは少ないですね。
でもお客さまの数が少ないと全員の顔を覚えられますし、一人ひとりとコミュニケーションがとれる点はすごくいいなと思いました。

では最後に鈴木さんの仕事のやりがいを教えてください。
やはりお客さまに喜んでいただけたときが一番やりがいを感じます。お客さまの笑顔がやりがいですね。たとえば、幼稚園生や小学校低学年の子が最後降車するときに、大きな声で「ありがとうございました!!」と言ってくれたりすると、その日の疲れは一気に吹っ飛びますよね。

それは癒されますね!今日は貴重なお話をお聞かせいただきありがとうございました!これからもお仕事頑張ってください!!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /転職活動の厳しさ、事故の経験。 逆境を乗り越えた今、未来のタクシードライバーに伝えたいことがある。