2021年1月29日

新卒入社で活躍するドライバーに聞く!それは、「人のために」を追求し続ける仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PROFILE
竹ノ内
さん。タクシードライバー。羽田営業所所属。

 

就職活動のテーマ。
その答えは、タクシー業界にあった。

まずは、入社のキッカケについて教えてください!
「人のために何かをしたい」というのが就職活動のテーマでした。加えて、どうアプローチすればどう成果が出るのか分かりやすい仕事に就きたいとも思っていました。そのような環境の方が、成長できると思いまして。

なるほど。なかなかストイックな就活をしていたんですね。しかし、そのテーマならタクシー業界以外にも候補がありそうですが…。
おっしゃる通り、様々な業界を見ていたんですが、堅苦しいコミュニケーションではなく着飾らないナチュラルな振る舞いで選考に進めたのは国際自動車(kmタクシー)だけだったんです。こんなフランクな環境で仕事できる場所は、なかなかないと思います!

やりがいもあり、環境もいい。そんなkmタクシーに惹かれたんですね!

 

きっと、みんな疲れている。
そう思えば自然と優しくなれるんです。

これまでの仕事の中で印象に残っている仕事について教えてください!
「色んな人がいるな」という印象ですね。中には酔っ払っている人もいますし、正直大変な時もあります。「どんな人が乗って来るんだろう…」という不安感は、タクシー業界を視野に入れている人たちにとって一番高いハードルに感じられている部分かもしれません。ですが、これは捉え方次第です。すべての人が、人に迷惑を掛けたいわけではないんです。大変だったことがあって、疲れたから今日はタクシーを使おう。そんな人たちがほとんどだと思うんですよね。困っている人たちが乗って来るんだ、と思えば、多少のことは「仕方ないな」と思えるようになります。

「人のために」というテーマに通ずるものがありますね。
そうですね。実は、この考え方は祖母の影響なんです。自分の状況を捨ててでも、サポートしてくれる人だったんですよね。大人になって改めて考えると、これは仕事でも同じだよな、と。

なんと、おばあちゃんの教えが仕事論に。


 

「人のために」のその先で、
「お前のためなら」と思われる人になる。

仕事の中でこだわっていることはありますか?
これは一つの根性論なのですが、どんな大変な状況でも目標達成に向けて頑張り続けるよう意識しています。ただ、あまりにも大きな目標を持つことはしません。小さい目標を、積み重ねるスタイルですね。この目標を達成したら、次の目標に向けて。少しずつ成功体験を重ねることが大切だと思います。

なるほど。その小さな目標の向こうにある未来で、どんなドライバーになりたいですか?
人格者であり続けたいと思いますね。特別なスキルを持つことも大切ですが、それ以上に「お前のためなら何でもやってやるよ」と思われる人になることも大切です。「人のために」を意識して、「お前のためなら」と思われる人へ。これから自動運転が始まり、タクシー業界も大きく変わると思いますが、誰かのためを思うことは人間にしかなしえないことだと思います。私にしかできない仕事、追求していきたいですね!

今日は、貴重なお話をありがとうございました!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /若手ドライバー大活躍!「車好き」な彼が仕事の中で大切にしているコト。