2015年9月1日

反対する夫を押し切り転職したタクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)初の女性班長に。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
御子柴(みこしば)さん。国際自動車(kmタクシー)株式会社三鷹営業所所属。国際自動車(kmタクシー)初の女性班長。2009年キャリア(中途)入社。前職は軽トラの食材配達をしていた。趣味はビールと車と旦那さんとのツーリング。(取材日:2015年7月22日)

御子柴さんが国際自動車(kmタクシー)に転職した際、営業所の雰囲気はどうでしたか?

私が転職した6年前は、国際自動車(kmタクシー)に女性がまだまだ少なかったので目立ちましたね。「女の人がうちの営業所に来たらしいよ!」というザワザワした声が周囲から聞こえてきました。男性タクシードライバーたちも「どんな人だろう?」と興味はあったみたいですが、どう声を掛ければ良いか分からなかったらしいです。私の方も、父親より年上の方々と上手くコミュニケーションをとれるかなという若干の不安はありました。

どのように仲良くなったんですか?

入社してすぐに営業所のメンバーのお花見に誘われたんです。楽しくなさそうだから行きたくないなあと思ったんですが(笑)、当時の班長に「良い機会だから行ってこい!」と背中を押され渋々参加しました。

するとお酒の力もあってか凄く仲良くなったんです。先輩たちは皆気さくで話好きで、優しい方ばかりでした。それからは先輩から話しかけてくれるようになって、洗車を手伝ってくれたり、色々教えてもらっているうちに仲良くなりました。

なるほど! お花見などのレクリエーションが仲良くなるきっかけだったんですね。国際自動車(kmタクシー)では最近「女性タクシードライバーが増えている」と伺ったのですが。

そうですね。以前は街中で他社の女性タクシードライバーを見かけると、思わずお互い見つめ合うくらい珍しかったのが、この3年で大きく変わりました。採用人数も増えたし、応募の動機も変わってきたと思います。

昔は「タクシードライバー=訳有りの人が仕方なく就く職業」というイメージを持たれている方も多かったかもしれません。でも今では純粋に、「運転が好きだから」「接客をしたいから」というポジティブな理由で面接にいらっしゃる方が多くなりましたね。

御子柴さんが国際自動車(kmタクシー)に入社した理由は何ですか?

運転が好きだったからです。車好きの父の影響で、小さい頃から私もラジコンやミニ四駆で遊んでいました。中学生からマイカーが欲しくて、高校に上がるとスカイラインを買うためにバイトを始めました。結局、お金が足りなかったので先輩から譲ってもらったハチロクに乗って埠頭とかサーキット場なんかに行ったりしていましたね(笑)

すると、最初から車関係のお仕事をしていたんですか?

いえ、当時は運転を職業にするなんて考えてもいなかったので普通に就職しました。高校を卒業してから一般事務で働いていたのですが、今思うと自分には全然向いてなかったと思います。

仕事に行く前にその日の流れが大体予測できる単調な日々を正直物足りなく感じていました。他の世界を知らなかったので「働くってこんなものなのかな?」と思いながら事務の仕事を7年続けていたんです。

そして25歳になった時、自分の好きなことを仕事にしてみようと思って軽トラの食材配達を始めました。仕事はとても楽しかったのですが、体力的にかなりキツくて1年くらいで辞めてしまったんです。

それで国際自動車(kmタクシー)に転職したんですね。

はい。個人タクシーをやっていた祖父に、「配送の仕事しているんだけど体力的にきついんだよね」と何気なく言ったら、「じゃあタクシードライバーをやれば?」と勧められたんです。

けっこう直感で物事を考えるタイプなので、良いかもと思って各社のホームページや採用サイトを見比べました。実際に面接にも進み、国際自動車(kmタクシー)が最も女性を歓迎してくれる雰囲気に感じたので入社することにしました。

実際に入社して感じるタクシードライバーの面白いところは何ですか?

毎日に変化がある所です。同じ目的地だとしてもお客さまや状況によって経路は変わりますし、お客さまも様々な方がいらっしゃるので、タクシードライバーって本当に「何が起きるか分からない楽しさ」がある仕事なんです。

事務をしていた時に感じていた単調さや、配達でルート営業をしていた時の退屈感が全くありません。臨機応変さが求められる刺激的な仕事だと思います。

御子柴さんは深夜に働いているそうですが、不安はなかったのでしょうか?

夜が怖いというのは先入観じゃないかと思います。私は昼の営業経験もありますが、夜の方が良い結果を残せていたんです。意外と夜も楽しいですよ。道はすいているし、急いでいるお客さまも少ないし、長距離の仕事もでやすいです。

なるほど。では、班長に抜擢された時の感想を教えてください。

班長はね~、キツいですよ(笑)でも面白いし、めちゃくちゃやりがいがあります。私は喋るのが好きなので、班長になったことで付き合うドライバーが増えて仲良くなっていくのが楽しいんです。視野も広がりました。

やりがいは「ありがとね」って言われることです。ルートの相談をされた時とか一緒に考えていくんですけど、「私昼間はあんまり得意じゃないんだけど、こっちかな~」とか言って、「なるほどね~。ありがと!」なんて言われただけで、嬉しいんです。

班長として気を付けていることはありますか?

笑顔ですね。仕事が終わって皆が疲れて帰庫した時に、出迎える班長がへとへとだと気分が下がるじゃないですか。どんなにお腹が空いてても(笑)、元気に笑って挨拶です。

仕事なので悩むこともあると思うんですけど、「お帰りなさい!どうだった?」と明るく話しかければ少しは気が紛れるんじゃないかなって。タクシードライバーは営業所を出れば1人ですから、メンタルがかなり重要な仕事です。皆のモチベーションを何とか上げていくのが私の役目ですね。

入社から今まで色々な体験をされたと思いますが、振り返るといかがでしょうか?

三鷹営業所に配属されて9か月が経ちました。入社してからは6年目ですけど、本当にあっという間でした。実は国際自動車(kmタクシー)に転職することを夫に報告をしたら「夜の運転は危険だから心配」と反対されたんです。

でも、「とりあえず2年やらせて!2年経ったら考えるから」って押し切って始めました。それでいざやってみたら、どんどん楽しくなっちゃったんですよ。その様子を見て安心したのか、夫も今では応援してくれています。

それは良かったです!

国際自動車(kmタクシー)はずっと働き続けたい職場ですね。今後は女性の管理職がもっと増えると思うので楽しみです。とにかく仲間が欲しい(笑)女性が増えれば、国際自動車(kmタクシー)はもっと素敵な会社になると思います。

最後にタクシードライバーに興味がある女性にメッセージをお願いします

タクシードライバーはシフトの融通も利くし、正社員ですし、体力的にも無理せず出来る女性向きの仕事だと思います。女性が働きやすい環境を整えていくので、ぜひ皆さんに積極的にチャレンジしてほしいです。一緒に頑張りましょう!

御子柴さん、ありがとうございました!

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /残業代・プライベート無しの前職から45歳でタクシーへ。長時間拘束の本音とは?
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。