2015年2月2日

タクシードライバーに対するイメージが激変。「自分はまだまだタクシーを理解しきれていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PROFILE.
岡本(おかもと)さん。タクシードライバー。国際自動車(kmタクシー)株式会社羽田営業所所属。2014年8月キャリア(中途)入社。隔日勤務。前職はフリーランスのカメラマン。趣味はドラマ鑑賞。(取材日:2015年2月2日)

フリーランスカメラマンからタクシードライバーへ転職

前職はフリーランスのカメラマンです。新聞社で16年間カメラマンとして働いた後、フリーになりました。10年ほど続けましたが、収入の面で苦しくなってしまったので転職を考えるようになりました。

新聞社にいる時にハイヤーをよく利用し、仕事内容を聞いていたのでハイヤーが候補に上がりました。ドライバー職の選考をを何社か受ける中、出会ったのが国際自動車(kmタクシー)です。

ハイヤードライバーとして入社後「3ヶ月間はタクシードライバーとしての研修がある」と聞いた時は正直言いますと、良い思いはしませんでした。私のタクシードライバーに対するイメージはかなり悪かったんです。

タクシードライバーは足を投げ出しているイメージ

カメラマン時代の私のタクシードライバーに対する印象といえば、ギャンブル好き。車内で煙草をふかし、競馬新聞を読んでいる。ホテルで待機中、車の窓から足を出す。そういった悪いイメージしかなかったので、タクシードライバーという職業に興味が持てなかったんです。

しかし、地理を覚える研修の一貫として3ヶ月はタクシーに乗らなければならない。何とかこの3か月を無難に過ごして、早くハイヤードライバーとして働こうと考えました。そしてめでたく3か月の研修を終わらせた現在、私はタクシードライバーになる選択をしたんです(笑)

3ヶ月のタクシー研修で何があったのか?

3ヶ月のタクシー研修を終えた私の頭には「自分はまだまだタクシーを理解しきれていない。このまま終わるのはもったいないのでは?」という考えが生まれました。

新人タクシードライバーは4~5万円の営業収入(売り上げ)を目指します。私も研修中の身でしたが、営業収入(売り上げ)を上げるために色々努力しました。最初は中々達成できなかったのですが、慣れてくるうちに平均を上回るようになりました。繁忙期だったということもありますが、コツを掴めてくるとタクシードライバーとしての働き方もなかなか面白いなあと思うようになっていたんです。お客さまに「対応が丁寧」「いつもこういうタクシーに乗りたいですね」と褒めていただく機会もあって嬉しかったんですね。

しかも、国際自動車(kmタクシー)のタクシードライバーたちは私の先入観と違って、みんなすごく良い人たちだったんです。営業所はかなり清潔で、活気がありました。ドライバーは営業収入(売り上げ)を上げるためにそれぞれが努力し、質問に快く答えてくれました。高い営業収入(売り上げ)を誇るタクシードライバーは輝いて見えましたし、成績の良い人ほど明るく礼儀正しい素敵な方々ばかりだったのも印象的でした。

という訳で

私はタクシードライバーになることを決めました。目下の目標は、無事故無違反安全運転で営業所に戻ってくることです。タクシードライバーに自分がなるとは全く思っていなかったので驚きですが、これから頑張っていこうと思います。

国際自動車ではタクシードライバーの採用を積極的に行っています。
説明会も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。

HOME / DRIVERS /個タクをやるなら国際自動車がオススメ!個人タクシーと法人タクシーの違いを聞きました
お問い合わせ・ご相談はこちらから

電話でのお問い合わせ 
kmキャリアステーション

フリーダイアル0120-03-5931

8:00~18:00(土日祝日を除く)

お問い合わせの際は「採用サイトを見た」とお伝えいただくとスムーズです。