在籍社員が本音を話しちゃいます!

DRIVERS

DRIVERSは国際自動車の社員ひとりひとりのストーリーを通して一緒に働く仲間と働く環境を知っていただくためのコンテンツです

在籍社員が本音を話しちゃいます!

2022年10月4日

「自衛隊の精神」再び!班長として活躍する田宮さん、タクシー業界の変化とドライバーとの向き合い方を語る

PROFILE

田宮 さん 【 2011年 中途入社 】

国際自動車 三鷹営業所 タクシードライバー・班長
「自衛隊の精神」再び!班長として活躍する田宮さん、タクシー業界の変化とドライバーとの向き合い方を語る

PROFILE
2011年 中途入社 田宮さん
国際自動車 三鷹営業所 タクシードライバー・班長

前回取材から7年の時を経て。
タクシー業界に起こった変化

現在、三鷹営業所で班長として働いている田宮さん。前回の「DRIVERS」取材時(2015年10月)から7年、どのような変化がありましたか?

2013年から9年間、内勤職である班長として運行管理業務を行っています。この数年間で、タクシー業界には様々な変化がありました。例えば、タクシーアプリの導入です。多くのお客さまが、タクシーご利用の際にアプリが使用するようになりました。タクシードライバー側も、そのアプリについての正確な知識が必要となります。会社から情報を受け取り、ドライバーの皆さんに正確な情報を伝達するのは私たち班長の役目。国際自動車(kmタクシー)全体のコミュニケーションを円滑にするためのパイプ役を担っているんです。

タクシー業界の変化に従って、班長としての仕事も変化していくんですね。

会社からドライバーへの情報伝達、それとは逆に、ドライバーから会社への情報伝達というパターンどちらもあります。いわゆる「労務管理」に該当する仕事まで請け負っているんです。班長である私は、運行管理業務を行う内勤職とタクシードライバーを兼業しており、一定期間ごとに乗務と内勤業務と立場を変えて仕事をしています。

今も生きる「自衛隊の精神」。
その心は後輩たちに受け継がれる

前回の取材では、田宮さんの経歴についてお伺いしました。「自衛隊の精神」は今も変わらず健在でしょうか?

自衛隊での経験は私のアイデンティティの一つですので、今までもこれからも変わりませんね。声の出し方から、接客の極意、指導の際のコミュニケーションまで、すべて自衛隊の教えが根底にあります。ただ、長年の勤務経験・指導経験を経て、「自衛隊の精神」以外の考え方も持ち合わせるようになりました。

自衛隊での学びとは、また違った考え方をするように?

“自衛隊基準”では、世間においてグレーゾーンとなるケースもあることに気付いたんです。自衛隊は、「白か黒か」という世界。ルールを徹底的に遵守することで、仕事を進めていきます。タクシー業界でも、ルールを守ることが大前提です。例えば、運転に関するルール、労働に関するルール。これらを守ることに関しては「白か黒か」で問題ありません。ただ、接客のルールや、道の選び方のルールなど、正解が一つではない物もあるんです。以前の私は、様々な場面で「こうするべき」と指導していた節がありました。タクシー業界での経験を重ねる中で、自衛隊の精神を大切にする所、タクシードライバーならではの考え方を両立するようになったんです。ただ、自衛隊出身者のドライバーには若干「自衛隊の精神」に基づいた指導になってしまう所がありますね(笑)。

元自衛隊の間柄だからできる指導ですね(笑)。自衛隊出身のドライバーの方は、多いんですか?

自衛隊員の中には、「任期制自衛官」という物があります。各任期を終える度に自衛隊としての仕事を継続するか転職するかを決めるんです。転職を決めた場合は企業説明会に参加するなど、就職活動を始めます。自衛隊員向けの企業説明会もあって、kmタクシーも出展するんですよ。

そうなんですね!しかし、自衛隊からタクシードライバー…とは、一見意外な転職に思えるのですが…。

実は自衛隊での経験は、ドライバー職に活きる物が多いんですよ。自衛隊員は大型の運転免許まで取得することが多いので、ドライバーとして働く最低条件である「免許取得」のハードルは既にクリアしています。また、目上の方・お客さまへのホスピタリティを持って仕事に臨むことが求められる点でも一致しています。そのため、最初はハイヤードライバーを志望する人も多いんですよ。

確かに、目上の方・要人の方をお乗せする機会が多いのはハイヤードライバーですね。一方で、タクシードライバーを選ぶ方もいる、と。

ハイヤードライバーは元自衛隊の方に向いている仕事だと思います。一方で、頑張った分だけ稼ぎに繋がるというタクシードライバーの仕事の面白さも知ってほしいんですよね。実は私、自衛隊員向けの企業説明会に足を運んで、自分の給料明細を見せているんです!

なんと!リアルな数字を見せるワケですね。

ハイヤードライバー、タクシードライバー、自分に合った仕事を選ぶのがいちばんですので、どちらを選んでもいいと思います。でも、より高収入を目指せるタクシードライバーの仕事を知らずに入社するのはもったいないと思うんです!だからこうして、自らの明細を見せるんですよ(笑)。

班長に求められる「察する」力
ドライバーが気持ちよく働ける環境を目指して

「自衛隊の精神」を持って、タクシードライバー・班長の仕事と向き合う田宮さん。班長職について暫く経ちますが、いつも心掛けていることはありますか?

これもまた「自衛隊の精神」に繋がることなのですが、「察する」ことが大切な仕事であると痛感しています。自衛隊時代も、人々の気持ち、考えていることを察して動くことが求められていました。それは班長職でも求められるスキルなんです。先日、一人のドライバーが出庫前に浮かない顔をしていまして。私はその変化に気付いていたんですが、特別声掛けをせずにいつも通り見送ってしまったんです。その日、そのドライバーは事故を起こしてしまいました。「ああ、私の気付きは間違っていなかったんだな」と、確信するとともに、声を掛けられなかったことが悔しくて。それから、小さな変化を見逃さずに丁寧に声掛けをするようになりました。すると、ドライバーの落ち込んでいる理由は「少し寝坊してしまって、急いで出社した」…程度の小さな悩みなんです。そんな小さな悩みが、誰にも話せないだけで事故に繋がってしまう。班長として、どんな小さな悩みも見逃さずに安心して乗務に臨めるようにサポートすることが大切だと改めて気付きました。

不安を抱えたまま仕事に向かうドライバーを、「察する」力で救う。これも、班長としての仕事なのですね!

落ち込んでいることや不安を抱えていることに、自分では気付いていない人もいるんですよ。その気持ちに気付かせて、気持ちよく仕事に向かってもらうために声掛けをしています。

班長としての仕事、ずっと根底にある「自衛隊の精神」。これからも変わらずドライバーたちを支える田宮さんの活躍を期待しています!本日は貴重なお話をありがとうございました!

前回のインタビュー(2015年)

自衛隊から転職して年収が100万アップ。元自衛官に国際自動車(kmタクシー)のタクシードライバーがおすすめな理由とは?

国際自動車をお勧めする理由

  • 他社より稼げる環境

    国際自動車のタクシードライバーの平均年収は業界の中でもトップクラス。転職で収入を下げたくないという方、正社員で高収入をキープできる道が国際自動車にはあるのでご家族も安心です。

  • 不安を取り除く支援制度

    配属後、6ヶ月間は30万円(日勤月給23万円)の給与補償制度がありますので、余裕を持って稼ぐコツを身に付けたり、地理を覚えることができます。

  • 正社員なのに選べる働き方

    ライフスタイルに合わせて、昼間だけ働く日勤、2日分まとめて働く隔日勤務という2つの勤務スタイルから選ぶことができます。

国際自動車への応募をご検討の方

国際自動車では会社説明会・見学会を毎日開催しています!
WEB面談・オンラインで参加できる説明会もありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

グループ採用窓口 
国際自動車(株)採用課

フリーダイアル 0120-03-5931

8:00〜18:00(土日祝日を除く)

国際自動車の他の社員ストーリー

一覧を見る
  • タクシードライバー 2022.10.4

    タクシードライバー・小野さんの「紳士的」ホスピタリティ!前回取材から6年「コロナ禍」を経て変化したタクシー業界

  • タクシードライバー 2022.10.4

    「自衛隊の精神」再び!班長として活躍する田宮さん、タクシー業界の変化とドライバーとの向き合い方を語る

  • タクシードライバー 2022.8.15

    長年働いた前職を離れ、新天地へ!中途入社・第二新卒から見たタクシー業界とは。

国際自動車の
魅力を知る