在籍社員が本音を話しちゃいます!

DRIVERS

DRIVERSは国際自動車の社員ひとりひとりのストーリーを通して一緒に働く仲間と働く環境を知っていただくためのコンテンツです

在籍社員が本音を話しちゃいます!

2022年10月4日

タクシードライバー・小野さんの「紳士的」ホスピタリティ!前回取材から6年「コロナ禍」を経て変化したタクシー業界

PROFILE

小野 さん 【 中途入社 】

国際自動車 世田谷営業所 タクシードライバー
タクシードライバー・小野さんの「紳士的」ホスピタリティ!前回取材から6年「コロナ禍」を経て変化したタクシー業界

PROFILE
中途入社 小野さん
国際自動車 世田谷営業所 タクシードライバー

前回の取材から6年。
タクシー業界の”コロナ禍”を通じて

世田谷営業所のドライバーとして働いている小野さん。前回の「DRIVERS」取材(2016年2月)から6年、どのような変化がありましたか?

私自身の変化の前に、まずはタクシー業界の変化からお話するべきかと思います。というのも、この数年間は何においても「コロナ」が付き纏っていましたので…。新型コロナウイルス感染拡大の煽りを受けて、タクシー業界も、タクシードライバーの働き方も大きく変わってしまいました。

この数年間、世間は「コロナ」ありきで動いていましたね。それはタクシー業界でも同じだった、と。

入社した時、既に東京オリンピック(TOKYO2020)の開催が決まっていました。タクシー業界で働くなら、ぜひ「TOKYO2020」に関わりたい!…と思っていましたから、一つの目標は達成できたと思います。ただ、想像していた形とは異なりました。とにかく、最優先は感染拡大防止。お客さまとの会話の機会はほとんどありませんでした。選手の方々、報道関係の方々、要人の方々…たくさんのお客さまをお乗せする機会があったのですが、深いコミュニケーションを取ることはできませんでした。悔やまれますね…。

なるほど。新型コロナウイルス感染拡大で、コミュニケーションの取り方は大きく変わったんですね。

「非接触」が生んだ障壁。
コロナ禍ならではのコミュニケーション

国際自動車(kmタクシー)の運転席には「ミラクルガード(飛沫感染防止のアクリル盤)」が設置されています。この「ミラクルガード」のお陰で、より安心・安全にお客さまをお乗せすることができるのですが…実はドライバーとお客さまの距離を広げてしまっているのも事実。「非接触」を進めるため、電子マネーでの決済も浸透しました。お客さまと物理的な距離を取ることで、心理的にも距離を感じてしまいます。。接客に力を入れるべきタイミングで、お客さまとコミュニケーションが取るのが以前より困難になりました。また、私たちドライバーもお客さまも、皆マスクをしています。表情が分からないので、どのような接客が求められているのか読み取りづらいのも事実…。様々な場面で、仕事の難しさを感じています。どれも、コロナ禍においては仕方のないことなのですが…。

タクシードライバーとしてホスピタリティを示したい場面で、コミュニケーションが取れないのは残念ですね…。

それでも、コロナ禍ならではのコミュニケーションを模索しています。マスクをしているのであれば、お客さまの目を見て気持ちを読み取る。私たちは目だけで気持ちを伝える。これが、コロナ禍のコミュニケーションであり、ホスピタリティだと思うんです。前回の取材では、ロンドンタクシーのような「紳士的」ドライバーを目指す…と話したと思います。どんな時代、どんな状況であろうと「紳士的」であることは変わらないんです!

こだわりは今も「紳士的」!
迷わずドライバーとして働き続けた理由

「紳士的」にこだわりながらも、ホスピタリティを示すのがなかなか難しいコロナ禍。小野さんの働き方も変わっていったのですね。

入社当時、何も考えずに働いていたらベテランドライバーの方々に追い付けないと思い、色々と考えてみたんです。お客さまに「よかった!」と思っていただける場面を作ることにこだわった結果、ロンドンタクシーのような「紳士的」なおもてなしに行き着いたんです。この「紳士的」な接客の機会が減ることは、成長の機会を失うことに繋がってしまいます。だからこそ、現状で実践できるホスピタリティの示し方を模索しました。

前回の取材記事を読んでみて、いかがですか?

根本的には変わっていないですね!いいこと言ってるな〜(笑)。正直、タクシードライバーとして働き始めた頃は、「すぐにやめてしまうんだろうな」と思っていたんです。元々物事が長続きする性格ではなくて…。それでも、こうして仕事が続いているのは、やっぱり安定したワークライフバランスがあってこそだと思います。きちんと休みの時間が取れて、頑張り次第で高収入を目指せる…正直今はタクシードライバー以外の選択肢は考えていませんね。レジャーやアクティビティが好きなので、休日にしっかりと時間を作れるのは助かります!実は昨日もフットゴルフに行ってたんです(笑)。足でボールを蹴って行うゴルフで、なかなか面白かったですよ!休みの日は友人たちと一緒に体を動かすことが多いですね!

ワークライフバランスの整った環境で、プライベートも楽しめる…まさに、小野さんの天職ですね!本日は貴重なお話をありがとうございました!

前回のインタビュー(2016年)

20代でタクシードライバーは早いと思いますか?警察官を辞めて国際自動車に転職した24歳「紳士の職業にしたい」

国際自動車をお勧めする理由

  • 他社より稼げる環境

    国際自動車のタクシードライバーの平均年収は業界の中でもトップクラス。転職で収入を下げたくないという方、正社員で高収入をキープできる道が国際自動車にはあるのでご家族も安心です。

  • 不安を取り除く支援制度

    配属後、6ヶ月間は30万円(日勤月給23万円)の給与補償制度がありますので、余裕を持って稼ぐコツを身に付けたり、地理を覚えることができます。

  • 正社員なのに選べる働き方

    ライフスタイルに合わせて、昼間だけ働く日勤、2日分まとめて働く隔日勤務という2つの勤務スタイルから選ぶことができます。

国際自動車への応募をご検討の方

国際自動車では会社説明会・見学会を毎日開催しています!
WEB面談・オンラインで参加できる説明会もありますので、まずはお気軽にご連絡ください。

グループ採用窓口 
国際自動車(株)採用課

フリーダイアル 0120-03-5931

8:00〜18:00(土日祝日を除く)

国際自動車の他の社員ストーリー

一覧を見る
  • タクシードライバー 2022.10.4

    タクシードライバー・小野さんの「紳士的」ホスピタリティ!前回取材から6年「コロナ禍」を経て変化したタクシー業界

  • タクシードライバー 2022.10.4

    「自衛隊の精神」再び!班長として活躍する田宮さん、タクシー業界の変化とドライバーとの向き合い方を語る

  • タクシードライバー 2022.8.15

    長年働いた前職を離れ、新天地へ!中途入社・第二新卒から見たタクシー業界とは。

国際自動車の
魅力を知る