運転好き女子必見。お母さんも活躍中のハイヤードライバーってどんな仕事?

HOME > 社員の声 > 運転好き女子必見。お母さんも活躍中のハイヤードライバーってどんな仕事?

Drivers 最新記事
tanabe_i

運転好き女子必見。お母さんも活躍中のハイヤードライバーってどんな仕事?

2016.12.01 Thu

カテゴリー : ◎ハイヤードライバー


PROFILE.
田邉美恵子(たなべ・みえこ)。国際ハイヤー株式会社第二支店所属のハイヤードライバー。2016年1月キャリア(中途)入社。英語とマンダリン語が堪能。外車、スポーツ、着物や英語など趣味は多岐に渡り、社内のゴルフ部にも所属して同僚たちと楽しんでいる。小学生と高校生の2人の子どもをもつお母さん。(取材:2016年11月7日)

国際自動車kmの女性ハイヤードライバー田邉さんの運転写真

今回インタビューするのは、ハイヤードライバーの田邉さんです。田邉さんは様々な経歴をお持ちなんですよね。

そうですね、前職は福祉関連の職場でユニバーサルドライバーとして働いていました。脳梗塞の方などをセンターから病院へ送り迎えするのが仕事です。その前は、宝石の買い付けをヨーロッパでしたり、ソフトウェア開発の事務職に就いたり、ヨットクルーマネージャーをしたり、ヨットレーサーになったり、保険レディとしてガンガン営業したり・・・順番がこんがらがるほど色々なことをしてきましたね(笑)
ハイヤードライバーはこういった今までの経験をフル活用できる面白い仕事です。

田邉さんはどうしてハイヤードライバーになろうと思ったのですか?

運転が好きなので、タクシードライバーかハイヤードライバーを考えました。色々調べるうちに、タクシードライバーは「お客さまを多くお送りした方が給与が増す」など、営業の側面が強い仕事だと分かってきたんです。

保険会社で営業経験のある田邉さんには向いていそうですよね。

向いていそうだし、十分楽しめるとは思うのですが、私の性格だとついつい頑張り過ぎちゃうんじゃないかと心配になったんです。以前営業の仕事をしていた時も成績は良かったのですが、終わりが無い仕事に疲れてしまいました。子どもが2人いますし、次に挑戦するなら継続できる仕事が良いなと思って安定のイメージがあるハイヤードライバーを考えるようになったんです。
お客さまの情報が事前に把握できるので安心ですし、車が好きなので高クオリティのハイヤーを運転したいという気持ちもありました。

なるほど!数ある会社の中で、国際自動車を選んだ理由を教えてください。

国際自動車の安心感ですね。運転を仕事にする以上、万が一のことが起こった場合にドライバーをサポートしてくれる体力のある企業が良いと思っていました。
国際自動車は福利厚生も充実しており、組合もきちんとあります。安定した収入、継続できる仕事内容、会社のサポート、相談しやすい環境。そういったことを考慮して国際自動車を選びました。
また、ハイヤードライバーは未経験だったので、教育に力を入れている点にも魅力を感じました。

教育ですか?

数社のHPや面接を比較して、1番教育がしっかりしてそうだという印象を受けました。

実際、ハイヤードライバーの研修はいかがでしたか?

週末も頭を休められないくらい、みっちりでしたね(笑)「中途半端なドライバーはお客さまの前に出さない」という気持ちが伝わってきました。都内でよく使う経路や羽田空港・成田空港へのルート、高速道路の入り口出口、主要な駐車場の場所など覚えることが多かったです。

それは大変そうですね!どうやって覚えたんですか?

やっぱり実際に走ってみることですね。研修期間中は会社が車を貸してくださるんです。ガソリン代も気にしなくてよいので、同期と交代で運転して練習をたくさんさせていただきました。これは本当に助かりました。きちんと知識が身についた状態でハイヤードライバーとして送り出してくれるので、未経験でも安心です。

大企業ならではの研修の充実はやっぱり嬉しいですね!田邉さんの仕事内容を教えてください。

朝の8時30分に朝礼があって、仕事が始まります。私は特定の企業の専属ドライバーではなく、1回で完結する仕事を受けるフリーのドライバーです。指定された待ち合わせ場所へ向かい、目的地をお伺いしてお送りする案件や、空港への送迎が主な仕事です。仕事が終わるのは20時頃。
英語が話せるので、海外のお客さまの対応を任せていただくことも多いです。

へえ〜!海外のお客さまで印象に残っている方はいらっしゃいますか?

ロシアからいらした3名の女性のお客さまですね。プライベートジェットでお越しでしたので、15分前に搭乗すれば間に合うと聞いていたのですが、本当に時間ギリギリで行動されるんですよ(笑)限られた日数の日本観光でしたので、行きたい場所は沢山あるし、ついつい集合時間を過ぎて観光するということが続いて、どんどん時間に余裕がなくなっていきました。そして時間ギリギリのところで「お寿司を食べたい」というリクエストをいただいたんです。

田邉さんはプライベートジェットの時間に間に合うようにお送りしないといけないのでヒヤヒヤですよね!

ここがハイヤードライバーの腕の見せ所です。待ち時間に道路の混雑状況を電話やネットで調べ、複数の経路をシュミレーションし、これだったら間に合う!というスケジュールを組みました。「かしこまりました、お客さま。このお時間までにお店を出てきていただければ間に合います!」とお寿司屋さんまでお送りして車内でお待ちしていると、約束の5分前に戻ってきてくださったんです。

おお!

よしっ、間に合う!と一安心です。安全、確実、迅速、快適というハイヤードライバーの原則を守りつつ、しっかりと時間通りにお客さまをお送りできました。すると「All perfect!」とお褒めの言葉をいただけたんです。これはとても嬉しかったですね。

さすがです!よく間に合いましたね。

普段から、どの道にどのくらいの時間がかかるか、この曜日のこの時間帯は混んでいる、など頭にストックしておいたのが役にたちました。

tanabe_3

やっぱりそういう努力をしていらっしゃるんですね!

ルートは常に3つは持つようにしています。待機時間に調べたり、同僚と情報共有したりして日々研究してますよ〜。まず抑えておくべきエリアは千代田区、中央区、港区で、信号が多い道や赤信号が長い道、例えば桜田通りや日比谷通りなどは注意ですね。地図を見るのが好きなので楽しみながら勉強しています。

tanabe_4

ハイヤードライバーならではの運転というのもありますか?

警護が厳重なケースでは、死角ができないようになるべく右左折せず直線で移動できる経路で運転するといったこともありますね。
また、ハイヤーは車線どりがすごく大事だと思います。綺麗に磨かれた高級車に乗って、国際自動車という社名を背負い、大切な方をお送りしている以上、堂々とした走りをしたいじゃないですか。ちまちまと余裕の無い車線変更を繰り返すのではなく、車の流れや先を読んでスムーズに魅せる運転を心がけています。

確かにハイヤードライバーはスマートでかっこいいというイメージがあります!

そのイメージを崩さないように、運転している時はシートにもたれかからず腹筋に力を入れて背筋を伸ばしています。

そういえば田邉さんは常に姿勢が良いですよね!

ありがとうございます。一礼ひとつでもドタバタせずに、品よくゆっくりと。気分は宝塚の男役ですよ(笑)「女性のドライバーは丁寧だから嬉しい」と喜んでくださる方もいれば、「女性だから不安」と思う方も正直に言えばいらっしゃるので、一つ一つの行動や運転には気を遣っています。

tanabe_1

お客さまにご安心いただくため、田邉さんが気をつけていることはありますか?

丁寧なアクセルワークやブレーキングは本当に最低限のスキルだと思います。「快適な運転をしよう!」と意識できないドライバーはハイヤーを運転しない方が良いでしょうね。後は、当たり前のことをきちんとやることです。些細な当たり前なことの積み重ねが、信頼感や仕事の成功に繋がります。

慣れてくるとどうしても気を抜いてしまうことってありますもんね。

そうですね。ですが、洗車や車内の清掃など誰も見ていなかったり、少し面倒なところをきちんと当たり前にやっている人が優秀なドライバーなんです。車内をパーっと掃除するのか、後部座席に自分が座ってお客さまの目線になって掃除するのか。「ハイヤードライバーの仕事って何ですか?」と聞かれたら「洗車」と「待つこと」と答えたいくらい、清潔さは大事です。

当たり前をちゃんとやる姿勢が仕事の評価を左右するんですね。ちょっと気になったのは「待つことも仕事」という一言なのですが・・・。

「待ち」とは、お客さまが次の場所に移動されるまでの間の時間です。レセプションパーティーや会食など長いものでは数時間待つこともあります。

ひたすら待っているのって退屈じゃありません?

そう思いますよね?「待つことには慣れた」というドライバーもいれば「ずっと慣れないよ〜」と嘆く人も稀にいて、ハイヤーの待機時間をどう思っているかは人によります。私は、無駄になる時間は一切無いと思うタイプなので、いつも「待っていることを忘れる」くらい何かに熱中するようにしています。掃除を徹底的にやれば気持ちもスッキリしますし、道を覚えればドライバーとして信頼されますし、読書をして自分を深めることもできます。5年後、10年後に自分がどう成長していたいか考えれば、待ち時間にできることはいくらでもあるはずなんです。

「待つ」というと受け身な印象ですが、田邉さんは成長するための時間という贅沢な使い方をしているんですね。羨ましいです。

ハイヤーは仕事内容に差があまりない分、人柄がでる仕事だと思うので向上心が大事だと思います。過ごしやすい車内になるかはどうかはドライバー次第ですからね。主張しすぎず、物腰柔らかく、相手の求めていることを察知し、スマートに行動できるハイヤードライバーになりたいです。

す、すごく高度な技術ですね!

もちろん私もまだまだです。先輩たちから教わって一つひとつ改善していきたいと思っています。目標は街で見かけたりしたら「今の運転手さんかっこいい!」と思っていただけるドライバーに成長することです。挑戦しがいのある仕事なので、これからも頑張っていきますよ!

takahasi_03

同僚のハイヤードライバーたちとの一枚。

素敵です。田邉さん、本日はどうもありがとうございました!

カテゴリー : ◎ハイヤードライバー